ショップの紹介-滋賀県長浜市の市街地中心部にあります

江・浅井三姉妹のふるさと、秀吉公が作ったまち長浜

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の舞台となった長浜市。私たちのまち長浜は、浅井氏が滅びた後に琵琶湖の東北部湖北地方の領主となった羽柴(豊臣)秀吉公が長浜城を建て、町割を作った近世城下町のひな形ともいわれる歴史を持つまちです。

長浜の町の中心部 曳山博物館の前です

長浜を代表する長浜曳山祭。子ども歌舞伎で有名で、ユネスコ無形文化遺産の登録申請が行われています。その長浜曳山祭を紹介する長浜曳山博物館の前に位置しています。

JR西日本の長浜駅からは、徒歩で5分ほどです。

西側外観1

中心市街地活性化の代表事例、黒壁ガラス館から徒歩1分

湯布院、小布施などと並び、全国の中心市街地活性化のまちづくりの代表事例としても長浜は広く知られています。その中心となるのが第3セクター株式会社黒壁が運営する黒壁ガラス館。観光客で賑わうこのスポットからも徒歩1分という場所です。

ガラス館1

睡眠と素材にこだわった眠りと寝具の工房

店内はナチュラルスタイル

1997年のリニューアルの際にシンプル&ナチュラルの雑貨を導入したこともあり、店頭や店内のイメージはナチュラルスタイル。インテリア小物やバスグッズなどの雑貨もあります。
店頭で目立つのは、日本にも数少ないスイスフレックス595Rという4モーターの電動リクライニングベッド、そしておしゃれなアイアンベッドやアイアン家具がディスプレイされます。
店舗正面2

DSC00609
DSC00610

DSC00613

DSC00478

まくらのお試し寝コーナーとファブリックオーダー

次のブロックは、まくらとカバー。まくらは当店オリジナル安眠まくらⅣを始め、20種類以上のまくら揃えて、実際に寝ながらフィッティングを行います。また、ファブリックが充実しており、アイリッシュリネンなどオリジナルカバーの生地を実際に肌に当てて、その気持ち良さをお試しいただけます。
DSC00366 

ベッドや敷ふとんのお試し寝とオリジナル羽毛掛布団

次のブロックは店内でも最もメインとなる、オリジナル羽毛布団や羊毛ふとんを一覧に見ながら、お試しいただけます。
また、ヒュスラーネストやリラックスなどのウッドスプリングの寝心地を味わうことができるのです。

 

自然な寝心地とオーガニックコットンを追求するベビー寝具
そして近江の麻や真綿、てづくり座布団などの和のコーナー

レジを奥へ進むと(京都の町家と同じ鰻の寝床で奥に長いのです) ベビー寝具と地元の近江の麻や真綿を使った和の寝具のコーナーが展開されます。素材の地産地消ということで、オリジナルの近江の麻ふとんや真綿ふとんを作っています。

 

一番奥は、日本でもほとんどない羽毛布団のリフレッシュと製造を行う羽毛工房

一番奥にはオレンジ色のドイツ・ロルヒ社の羽毛リフレッシュマシンが鎮座。その右奥には、最新型の羽毛除塵機とサイクロン式羽毛充填機、そして羽毛の側や羽毛の原料がところせましと置かれています。生地や座布団のコーナーもあります。

downfact2

downfilling