寝具の選び方一覧

Q.夏、快適に眠るためにはどうしたらいいのでしょう?

快適な睡眠を研究する快眠寝具研究室。一般的な冷感寝具と麻の違いは、冷感寝具は温度を下げるだけですが、麻は熱を逃がし、素早い吸湿発散で、蒸し暑い日本の夏において快適な温度33℃湿度50%の睡眠環境を生み出します。夏の快眠のポイントは湿度の調節なのです。

羽毛ふとんをリフォーム(仕立直し)をする際に気をつけること

羽毛ふとんのリフォームを失敗しないために何を気を付けなければならないのか?快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaではの体質に合わせて最適なキルティングと充填量をカウンセリングしながら、世界最高水準で行う羽毛布団の仕立て直し(リフォーム)を行います。

【必読!】羽毛のプロがすすめる、本当の羽毛ふとんの選び方

良質な眠りを得るのに必要な羽毛ふとんの選び方。快適な眠りのための羽毛布団は、羽毛の質だけでなく、側生地の通気性や重量、キルティングや充填量によって異なります。ところが世の中には羽毛の質だけに偏った説明する、間違いだらけの羽毛布団選びが蔓延しています。羽毛布団選びに間違わないためのノウハウを提供します。

アイダーダウン羽毛ふとんの選び方や最適なカバー、毛布の組合せ

最高級羽毛ふとんといわれるアイダーダウンですが、快適な眠りのためにはどのような生地で、どれだけの羽毛量を選べば良いのかを、有名メーカー製と比較しながら説明します。さらにアイダー羽毛布団に最適なカバーや毛布の選び方も説明します。快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaの快眠寝具研究室。

睡眠環境工学から考えた、快適な羽毛ふとんのための生地

快適な睡眠環境を作るために、羽毛布団の側生地は軽くて通気性が良いものが最も適しています。ノンダウンプルーフの生地が優れていると一部で言われてきましたが、実際はそうではないことを睡眠環境工学の面から見て、羽毛布団の側生地の選び方について、具体的な水蒸気発散モデルから考察を行ないます。