Q:羽毛布団のリフォームと新品購入、どちらがいいんでしょう?

downfact2

羽毛布団のリフォーム(仕立て直し)とは

羽毛布団のリフォーム(仕立て直し)にはいろいろな方法がありますが、10年に一度ちゃんとした方法できれいに行うのなら「プレミアムダウンウォッシュ」という方法が望ましいのです。(詳しくは下記のリンクへ)

羽毛ふとんのリフォーム(仕立直し)
長く使うことが究極のエコ 10年経ったら羽毛布団はリフォーム(仕立直し)を 増えてきたとはいえ、羽毛ふとんのリフォームは認知度がまだまだ低いようです。木綿の布団が打直しできるように、羽毛ふとんも仕立直しをすることによって、さらに長く使う...

さてプレミアムダウンウォッシュでリフォームをすると、私どもで綿100%超長綿60サテンという標準的な生地で29,800~33,800円程度、よりソフトな80サテンで38,800円(税込価格)になります。新しい生地+羽毛直洗浄+5段階除塵+足し羽毛のパック価格です。

市場には、安い中国製ポリエステル混生地を使い、洗浄行程を省略して安く仕上げるリフォームもあります。テレビ通販などでも多いですね。

新しく買った方が安いんじゃない?

お問い合わせで多いのが、「新品を買った方が良いんじゃない?」というお声です。確かに量販店等で20,000~40,000円で新品羽毛が買えますから、そう思われても不思議ではありません。本当のところはどうでしょうか?

中の羽毛を診断してから決めるのが一番

実は中身を診断してから決めた方が良いのです。また、使用する生地も現在の生地と比較して決める必要があります。これを間違えると、大枚はたいてリフォームしても寝心地が低下するという危険性があります。

良質の羽毛 程度の悪い羽毛

例えば上の画像で左側はダウンボールも大きく、ダウンの中央密集度があり良質な羽毛です。一方右側はスモールフェザーが多いために、眠りのプロショップSawadaのリフォームでは選別工程で取り除かれるために、羽毛の量が大きく減ってしまい、リフォームには適しません。

グースダウン表示でふっくらしていたら迷わずリフォーム

羽毛布団にはサイズや羽毛の種類が記入された品質表示があります。ここに「ホワイトグース」という表示があり、10年以上でもふっくらしていたら、確実にリフォームを行った方がいいでしょう。また、生地が非常に軽い場合やソフトな場合も、グースダウンである可能性が高くリフォームがおすすめです。

というのもこの3~4年でグースダウンは非常に高騰しました。真っ当なグースダウンを入れて作ると最低6~7万円すると考えていいでしょう。(安いグースはダックの混入が多いです)これならば、低品質の新品ダックダウン羽毛布団を購入するより、リフォームした方が格段に快適です。

逆に側生地がゴワゴワでグース表示がない場合は、買い換えた方が良い場合もあります。

どんな羽毛ふとんでも一度はリフォームできる

大切なことは、どんな羽毛布団でも一回は必ずリフォームできるということです。1990年以前の羽毛布団だと羽毛の規格が古く、リフォームに適さない場合がありますが(上記の右側画像)、一般に流通している羽毛布団であれば1回のリフォームはできるとお考えください。

そして上記左側画像のように、ダウンボールがしっかりしている羽毛なら何回ものリフォームに耐えます。私の店では新品の羽毛布団に使う原料は400dp以上、つまり最低2回はリフォーム可能な羽毛を入れています。これなら30年以上使うことができます。

ライフサイクルを考えて決める

人生の中で羽毛布団を買い換えたり、リフォームしたりすることは何度もありません。大切なことは、自分のライフサイクルに合せて買い換えるということだと思います。

こんなケースがあります。60半ばのお客様でリフォームしたいとのお話がありました。中身を診断すると、それほど良い状態ではないものの今回だけならリフォームが可能です。しかし、シングルで1500g入れなければ元通りの嵩がでない状態です。

このような場合は買い換えをおすすめします。日本人の平均寿命は女性で88歳。となれば、今回リフォームしても次の時には買い換えが必要です。であれば、1100g~1200g入りでふっくら仕上がり身体への負担が少ない新品羽毛布団の購入がベターです。そうすれば下図のようにリフォームを繰り返して30年使用しても90半ば。人生の最後を快適な睡眠で過ごすとなれば、買い換えの方が睡眠のためにも良いと考えます。

462418_384204674978077_1470762471_o

良い羽毛は軽量の綿100%側生地でリフォームを

最近の羽毛布団はポリエステル混生地が増えました。軽いのは良いのですが、通気性に難点がある生地がほとんどです。元々の生地が綿100%の場合、ポリエステル混生地でリフォームをしたり、買い換えをすると湿気がこもり蒸れやすくなります。あまりおすすめできません。

80番手や100番手などの軽量生地でのリフォームをおすすめします。