シルクのやさしい肌ざわり-近江真綿の布団

近江真綿-北近江は日本のシルクロード

絹のふるさと 北近江

琵琶湖の北東部、北近江と呼ばれる地域(長浜市・米原市)は、江戸時代より養蚕が盛んで多くの絹製品が作られました。北の木之本では琴や三味線の糸が、長浜では高級呉服に用いられる浜ちりめんが、そして米原市多和田では近江真綿が製造されたのです。

肌に最も近いタンパク質だから、肌にも身体にもやさしい

一般に「わた」というと木綿のわたを指しますが、繭をほどいて伸ばして生れるものを真綿といいます。「真なる綿」という意味で、ふとんわたに必要な肌添い、保温性、吸放湿性を兼ね備えて素材です。同じ絹を原料としていても、紡績段階で生れるシルクノイルや、繭をカットして生れるシルクわたと違い、真綿は繊維が切れることがありません。
それ故に、ホコリが少なく、皮膚にもやさしいのでアレルギー体質の方におすすめの掛ふとんです。

ただし、真綿は絹の繊維の特徴(すべる=絡みにくい)からわたとしての嵩が出ません。ドレープ性は非常に優れていて、身体に馴染みます。そこで、使い方としては、0.5~1kg入を肌ふとんとして使い、冬はその上に軽量の羽毛ふとんと組み合わせるのがベストです。

     
角真綿と昔の秤

近江真綿は角真綿

近江真綿は4ヶの繭をほぐして角状に引き延ばして作ります。その角真綿を二人がかりで数百回も引き延ばして生れるのが近江真綿です。

中国真綿-国産乾燥繭-国産生繭

残念なことに、今日では地元ではほとんど養蚕農家が無くなってしまいました。現在では愛媛県の乾燥繭と、それと乾燥繭よりさらにしなやかな、生繭から真綿にしたものの2種類が、さらに品種やえさの違いから、黄金繭や笹繭などが作られています。
しかしながら、近江手引き真綿と称される真綿ふとんの大部分は、中国ものの角真綿を近江で手引きしたものであり、これについては区分をすることが重要です。なぜなら、国内の角真綿に比べると中国産の角真綿は真綿そのものにムラが多いので、仕上げ具合が変わってくるためです。

国内で製造・販売される真綿ふとんの問題

国内で見かける真綿ふとんは、多くが表面に光沢があり肌触りが柔らかなシルクサテンの側を使って販売されています。これは真綿=絹(シルク)=高級品という考え方に基づいているようですが、真綿の本来の機能的な良さを活かしているかというと、問題があります。最も大きな問題はシルクサテンだと、カバーの中で生地が滑ってしまうので使いにくいという点にあります。
一方で、真綿を1.5kg~2kg、中には3kgを入れた重い真綿ふとんも出回っています。ところが、先に述べたように真綿は嵩がでにくい、あるいは使っているうちに嵩がへたってしまうので、中の量を増やしても重くなるだけで、機能的な解決となりません。基本は軽量の羽毛ふとんなどと組み合わせて使うのが真綿ふとんの正しい使い方です。

そこで本当に使いやすい、真綿ふとんを作ってみました

真綿ふとんを嗜好品というのではなく、本当に使いやすいモノにするために眠りのプロショップSawadaではオリジナルの真綿ふとんを作っています。
側生地は、地元の素材浜ちりめんから、オーガニックコットンガーゼ、軽くてさわやかな綿ローンなど、使い勝手を重視しました。さらに仕立て替えをできるだけ容易にするために、キルティングは真綿が逃げないように縁だけを行ない、残りは和とじ仕上げにしています。

最高級品の地場産品を使用 浜ちりめん+近江真綿のコラボ- 浜まゆ真綿ふとん

着物の最高級素材として名高いのが、地元長浜の産品浜ちりめんです。ただそのままでは生地が重すぎるために、地元の浜ちりめんメーカーであるヤブウチさんに超軽量の浜ちりめん生地を織っていただきました。軽くて、ちりめん特有の独特の「しぼ」が風合いの良い仕上りになっています。これに使う真綿は、やはり生繭。通常の生繭と、黄金真綿の生繭をご用意しました。生繭ならではの柔らかさとしなやかさを浜ちりめんで包んだ逸品です。


浜まゆ真綿ふとん
国産(愛媛産) 生まゆ シングル150×210cm 1kg入り

身体に最も良くフィットするオーガニックコットンの3重織りガーゼ生地

肌添いが良い真綿ふとんの良さを最大に活かすことのできる生地は何だろう?という研究の中から選んだのが、オーガニックコットンでは日本でも有名なアバンティ社の3重織りガーゼでした。柔らかく通気性が良く、しかも無農薬有機栽培で安全なテキサス・オーガニックコットンを使用しています。この生地を使った真綿ふとんは、なによりソフトで肌によくなじむのです。
店頭で販売いているバージョンは、販売価格を値ごろにするために、中国製の真綿を手引きしたものを半分、それを国産乾燥繭でサンドイッチしています。もっとも、中国製真綿も結構高くなってしまったので、国産繭だけにしてもいいかもしれません。

色は 生成に加え、オーガニックカラードコットンのグリーンとベージュ


オーガニックコットン30ガーゼ
国産乾燥まゆ0.4kg(外側)+中国産乾燥まゆ0.4kg(内側) シングル150×210cm

地元で作っていますから、ご要望にあわせてサイズ・中身の量をご指定いただけます