Q:何年使用したら羽毛布団はリフォームが必要でしょうか?

%e5%90%b8%e3%81%84%e8%be%bc%e3%81%bf%e4%bd%9c%e6%a5%ad
リフォームする羽毛布団を解体して、羽毛を取り出しているところ

10~12年に一度のリフォームをおすすめします

何年使ったら羽毛布団をリフォームすべきなのか? 実際のところ当店で承るリフォームは12~15年が多いのですが、中には20~25年というお客様が結構いらっしゃいます。

しかし20年間全くメンテナンスなさっていない羽毛布団は、たとえそれが非常に良いものでも実際には厳しくなります。それは15年以上経った汚れは、なかなか落ちないからです。このような場合洗剤を多めにして羽毛洗浄を行うのですが、ゴミとなる部分が多くなります。

3~5年に一度の丸洗い、10~12年に一度のリフォーム

理想的に言えば3~5年に丸洗いをしていただくことをおすすめします。毎年洗いなさいとおすすめする店もありますが、洗いすぎると羽毛の油脂分が少なくなり、長持ちしにくくなりますので、当店ではおすすめしていません。

このサイクルを2回繰り返すことで、羽毛布団は30年以上使うことができます。靴でも同じですが、長く使うためには日常のお手入れも非常に重要になってくるのです。

リフォームはプレミアムダウンウォッシュで

201506

羽毛布団のリフォームの方法はいろいろありますが、1枚ずつ直洗いするプレミアムダウンウォッシュがおすすめです。他の方法だと、汚れが取りきれないので、十分に羽毛を洗えません。

after_washing

羽毛布団側は軽量で通気性の良い綿生地で

ポリエステルの入った羽毛布団側は安く仕上がりますが、通気性が悪く蒸れやすくなります。長く快適に使うには、軽くて通気性の良い綿100%の羽毛布団生地を使うのが一番です。

眠りのプロショップSawadaのプレミアム・羽毛リフォーム

羽毛ふとんのリフォーム(仕立直し)
長く使うことが究極のエコ 10年経ったら羽毛布団はリフォーム(仕立直し)を 増えてきたとはいえ、羽毛ふとんのリフォームは認知度がまだまだ低いようです。木綿の布団が打直しできるように、羽毛ふとんも仕立直しをすることによって、さらに長く使う...

まずカウンセリングから、メールでご相談ください

楽天市場からもご注文いただけます

楽天