Q:羽毛布団は何年使えるんでしょうか?


15年使用して汚れへたった羽毛布団

一生モノと言われましたが、実際にはどうなのか

羽毛布団が出始めの頃「羽毛布団は一生モノでずっと使えますよ」という説明をした販売業者が多数いました。しかし、いくらなんでもこれは言い過ぎです。加えて、当時は「羽毛布団は外に干さないように、陰干しで」と説明されることが多かったのです。

上の羽毛布団の場合、使用から15年が経過しています。側生地はかなり汚れていて、生地のあちらこちらが弱っています。男性が使われていたのと日干しをしていないために、側生地は少し油っぽく、湿り気を含んでいます。中の羽毛は、汚れや油脂でダウンボールは丸まってしまい、永年の使用で羽毛が壊れてゴミが増えていました。

基本的にはリフォームによって甦らすことができる

上の羽毛布団をリフォームすると、まるで新品のようにふっくらと甦ります。

羽毛ふとんのリフォーム(仕立直し)
長く使うことが究極のエコ 10年経ったら羽毛布団はリフォーム(仕立直し)を 増えてきたとはいえ、羽毛ふとんのリフォームは認知度がまだまだ低いようです。木綿の布団が打直しできるように、羽毛ふとんも仕立直しをすることによって、さらに長く使う...

きっちりメンテナンスをすれば、快適に長く使うことができる

これは結婚される年齢の方への説明パネルです。体質にもよりますが3~5年に一度の丸洗いと10~12年に一度のリフォームを繰り返すことで、羽毛布団の快適な性能を維持しながら使い続けることが可能です。毎年洗いなさいとおすすめする店もありますが、洗いすぎると羽毛の油脂分が少なくなり、長持ちしにくくなりますので、当店ではおすすめしていません。

しかし全くメンテナンスされていない羽毛布団は、羽毛に付着した汚れが落ちにくくなります。定期的に丸洗いをして、羽毛の汚れを取っておくことが大切です。そうでないと良い羽毛を使ったとしても、リフォーム時に回復しにくくなります。

400dpクラスなら30年、440dpクラスなら40年以上使用できる 最初に良質の羽毛を選ぶこと

眠りのプロショップSawadaでは、通常最低でも400dp以上の羽毛を推奨しています。これは2回のリフォームに耐えうる当店としての基準です。もちろんダウンパワーの低い羽毛でも何回もリフォームが可能ですが、低ランクの羽毛ほど未成熟ダウンが多く、ゴミとなってしまうものが多く嵩が戻りにくいからです。

上のチャート図では32年をめどにしていますが、440dpクラスなら、ダウンボールが大きく熟したものが多いので、3回のリフォームにも十分耐えうる品質です。ということは40年以上は使えることになります。

もちろん、長く使うためには上記のように、日常のお手入れも非常に重要になってくるのです。逆に手入れが悪いと最初の羽毛のようになってしまい、リフォームはできるものの2回目のリフォームに耐えられない状態になることも少なくありません。

リフォームはプレミアムダウンウォッシュで

201506

羽毛布団のリフォームの方法はいろいろありますが、1枚ずつ直洗いするプレミアムダウンウォッシュがおすすめです。他の方法だと、汚れが取りきれないので、十分に羽毛を洗えません。

after_washing

羽毛布団側は軽量で通気性の良い綿生地で

ポリエステルの入った羽毛布団側は安く仕上がりますが、通気性が悪く蒸れやすくなります。長く快適に使うには、軽くて通気性の良い綿100%の羽毛布団生地を使うのが一番です。

羽毛を活かす、通気性の良い羽毛ふとん用生地
ご存じですか?羽毛布団の快適さを決めるのは生地だと もし、羽毛ふとんの側がビニールだったら・・・ ビニールでは通気性が全くありませんから、たとえ最高級のアイダーダウンを入れていようが、ふとんとしての機能は大きく低下してしまいます。な...

まずカウンセリングから、メールでご相談ください

楽天市場からもご注文いただけます

楽天