Q:横向き寝に最適なマットレスの選び方は(フロア編)?

まずマットレス編をお読みください。基本的な考え方はこちらに記されています。

Q:横向き寝に最適なマットレスの選び方は?
横向き寝の場合のポイントは背骨を真っ直ぐに ある調査によると寝姿勢は 仰向けが44% うつ伏せが8% 横向き寝が44% その他4% なのだそうです。横向き寝は44%ですが、右向きが26% 左向きが18%とのこと。 意外にも横向き...

フロアタイプで横向き寝する場合の注意点

横向き寝をサポートするには基本的にはウッドスプリングを使った組み合わせにするのがベストです。しかしながら、畳やフローリングで使う場合は、布団を畳んで片づけるということを考えておく必要がありますから、ウッドスプリングだと後述するふとんエレメントぐらいしか考えられません。

硬くて薄い敷ふとんだけで横向き寝をすると、どうなるかというと

  • 肩が圧迫される→肩の周りの筋肉が緊張する→肩の痛みや肩こりにつながる
  • 肩が圧迫される→血流が悪くなる→寝返りが増え睡眠の質が低下する

これらのことが考えられます。

これは比較的に横向き寝が楽に作られている整圧敷ふとん(西川産業)の画像ですが、それでも、ベッドの場合に比べると明らかに肩の部分がきゅうくつです。

このことから、肩の出っ張りを受け止めるだけの厚みが必要であることがわかります。フリーリングでの横向き寝は、肩のストレスをどれだけ減らせるかが大きなポイントとなります。

もちろん枕だけでの解決は無理

横向き寝用の枕というのもありますが、背骨の姿勢をどうするか、ということから考えると枕だけで解決をするというのは根本的に無理なのです。

肩の受け止めが不十分だと、横向き寝時の枕にはある程度の高さが必要です。ところがヒトは寝返りを打ちますから、仰向け時の高さを考えると、枕の中央部と両側でかなりな段差が必要になってしまいます。これでは、寝返りがしにくくなってしまうでしょう。

まず、敷寝具・マットレスを見直すのが重要です。

2レイヤーマットレスⅡ+羊毛敷ふとんの組み合わせ

肩の部分をソフトにした中身の組み合わせ

2レイヤーマットレスにはスタンダードとハードの2種類がありますが、今回はスタンダードを選びます。スタンダードは肩があたる上部1/3がソフト仕様、腰と足がハード仕様になっています。

1.ソフト  上層:パワーロフト・ソフト固綿2枚  下層:ブレスエアー(ソフト)

2.ハード  上層:パワーロフト・ソフト固綿2枚  下層:ブレスエアー(ハード)

BRESS-PL 2layer-structure

これにより、肩が当たる部分はよりソフトでストレスを与えないようにしています。また、昨今はフローリングに直置きされるケースが増えています。ブレスエアーが下に来ることで、通気性が確保され、カビが生えにくい状態になります。(生えないわけではありませんので、要注意)

羊毛敷ふとんを上に敷いて体圧分散を

2レイヤーマットレスの上には羊毛100%の敷ふとんを敷いて、さらに肩の圧迫を減らします。

羊毛敷布団との組み合わせ価格は

ビラベック羊毛敷布団(リネン麻)

シングルサイズ 54,000+59,400=113,400円(税込)

アルファクロス羊毛敷布団(リネン麻)

シングルサイズ 54,000+36,720=90,720円(税込)

ふとんエレメントを使うと、さらに寝やすくなります

ふとんエレメント

ヒュスラーネストのふとんエレメントは、コンパクトで畳みやすいウッドスプリングです。これを2レイヤーマットレスの下に使うと、さらに肩が楽になります。

 ふとんエレメント シングル 104,760円

敷きっぱなしなら、ミルフィエレメント

布団を片づけない=日常的に敷きっぱなしにするのなら、ミルフィエレメント・ウッドスプリングの方がカビにくく、硬さの調節が容易です。ナチュールフレックス・ウッドスプリングでも問題ありません。

ミルフィエレメント・ウッドスプリング シングル 97,200円

オンラインショップからお求めいただけます。

2レイヤーマットレスと羊毛敷ふとんの組み合わせは

ウッドスプリングは