Q.ハニカムシートでマットレスの硬さをどのように調節するのですか?

マットレスは使用とともに、特に荷重がかかる腰の部分がへたってきます。正しい寝姿勢が得られなくなり、睡眠の質の低下や、腰痛を引き起こす場合があります。

本来、性能が落ちたマットレスは買い替えるべきなのですが、ハニカムシートをうまく使うことでマットレスの硬さを調節することができます。

ハニカムシートとは?

冒頭の画像のように、蜂の巣状に立体に織られたシートです。空気層を作り出すので、通気性をアップさせたり、カビ防止のために敷寝具の下に敷いたりしますが、敷寝具の上に使うと、表面の反発力が高まるために、マットレスのへたりを緩和させる働きがあります。

通気性も向上するので、夏対策にも有効

空気の層を作り出すということは、通気性も大幅に向上します。特に夏は空気が循環することで湿気が放出され、さらにそのことで気化熱も奪うので、夏の暑さ対策にも有効です。本麻クール敷パッドの下に敷いて使うとさらに効果的です。

ハニカムシートの使い方

ベッドフレーム・床面とマットレス・敷きふとんの間に敷く場合

マットレスの感触を少し硬くすることが出来ます。寝返りのうちにくい低反発マットレスや柔らかいマットレスなどに効果的です。また、ベッドパッドやふとんに吸収された湿気の発散を促します。

腰の部分だけ2重にして敷く場合

マットレスの腰の部分を重点的に硬くして、沈み込みを軽減します。低反発マットレス・腰の部分のへたりが出てきたマットレスなどに効果的です。
場合によっては、折り方を変えることで様々な状況に対応できます。

1/3サイズを腰の部分に敷く場合

シングルとセミダブルは1/3サイズを用意しています。

マットレスの腰の部分を重点的に硬くして、沈み込みを軽減します。低反発マットレス・腰の部分のへたりが出てきたマットレスなどに効果的です。
場合によっては、折り方を変えることで様々な状況に対応できます。

通気性を上げてカビ対策にする使い方もできます

ベッドフレーム・床面とマットレス・敷きふとんの間に敷きます。

ベッドフレームの板・スノコやたたみ、フローリングとの間の接地面積を減らし、空気の層を作ることで、湿気がこもるのを防ぎ、カビの発生を予防します。

ハニカムシートのラインアップ

旭化成の三次元立体織物FUSIONを使用しています。

素材 表糸:ポリエステル 18% 連結糸:ナイロン 64% 裏糸:ポリエステル 18%

サイズ

シングル  95×195cm

セミダブル 115×195cm

ダブル 135×195cm

クイーン 155×195cm

ミニサイズS  70×95cm

ミニサイズSD  70×115cm

製造国 日本製

ご購入はオンラインショップより



ハニカムシート
シングルサイズ[37375]

7,560円



ハニカムシート
セミダブルサイズ[37376]

9,180円



ハニカムシート
ダブルサイズ [37377]

10,800円



ハニカムシート
クイーンサイズ[37378]

12,420円



ハニカムシート
ワイドキングサイズ[41216]

16,200円



ハニカムシート 半身タイプ
シングルサイズ[69125]

3,240円



ハニカムシート 半身タイプ
セミダブルサイズ[69126]

3,888円