Q:マットレスの上にベッドパッドが必要なのでしょうか?汗取りパッドみたいなものではダメ?

ビラベック1

テレビのCMなどでも多いのですが、マットレスの上にシーツをかけて、そのまま使って下さいといわんばかりの映像をしばしば見ます。実際にお客様とお話ししていても、上の画像のような本当のベッドパッドと、同じように四隅がゴムになっていて、しばしば「汗取りパッド」といった名前で量販店等で販売されているものを混同される方が少なくありません。

温度と湿度を調節するのがベッドパッドの役割

ベッドパッドと汗取りパッドは、同じパッドという名前、形もよく似ていますが、実はベッドパッドは布団の一種であり、汗取りパッドはシーツの一種と、機能が異なるのです。ですから、ベッドパッドはシーツをかけて使いますし、汗取りパッドはそのまま丸洗いします。

快適な睡眠環境-温度33℃湿度50%を実現する

なぜか?まず、マットレスに必要な機能をもう一度おさらいしてみて下さい。

快眠のためのマットレスの選び方
ベッド用のマットレスに求められる6つの機能とは ベッドのマットレスを選ぶときに、「体圧分散」「寝返り」などの機能がありますが、大切なことは睡眠時身体にストレスを与えないように、必要な機能のバランスを取ることです。 ベッドのマット...

この中で、快適な睡眠環境である温度33℃湿度50%を維持するには、汗を素早く吸って発散し、適度に温度を調節することが求められています。

通気性の悪い低反発ウレタンは特に蒸れる

例えば、そう低反発ウレタンのマットレスを例にしてみましょう。低反発ウレタンは、ウレタンの中でも通気性があまり良くありません。しかも、特に夏場だと柔らかくなって身体にフィットしますから、体表面からの発汗を十分に吸い取ることも、その汗を発散することも苦手です。人は一晩にコップ一杯、夏ならその2~3倍の汗を通常は不感蒸散という、水蒸気の状態で発散します。吸湿発散の悪いウレタン素材では、身体が蒸れて不快になり、睡眠は阻害されるのです。

ウールのベッドパッドがベストです

ですから、身体とマットレスの間には、汗を吸収発散させ、適度に温度を調節してくれる、ウールのような素材を使ったベッドパッドが必要なのです。ここで重要なのは素材です。吸湿発散性に最も優れて、蒸れのない快適な睡眠を得るにはウールが最適です。ベッドパッドの中にはポリエステルわた入りというものもありますが、ポリエステルわたでは発汗を吸いきれませんから、本来の機能を得るためには要注意です。木綿わたは、水分の発散が苦手です。

快適な肌とマットレスの状態を作るには、このようなベッドパッドは必ず必要となります。時にその中でもおすすめなのがビラベック社のウールベッドパッドとウール敷布団。理屈抜きで快適です。

ドイツ・ビラベック社の羊毛敷ふとん、羊毛ベッドパッド
誰もが認める気持ちよさ 世界で最初に羊毛ふとんを作ったドイツ・ビラベック社 良い羊毛を厳選し、自然のまま後加工せずに作る-極めてシンプルな考え方 ウールの質や製造方法、過程の品質管理のこだわりを説明するより、実際に横になってもらうこ...

汗取りパッドといっても、中わたはほとんどがポリエステル

一方、汗取りパッドはシーツの代わりと考えてください。しかし、これも中わたにはほとんどポリエステルが使われています。何度も言いますが、ポリエステルは汗を吸いませんし、熱がこもりやすくなるという欠点があります。中には中空繊維で吸汗タイプと呼ばれるものもありますが、ノンレム睡眠初期の急激な発汗には対処できないのがほとんどです。

中わたが脱脂綿や麻などの汗取りパッドにしましょう。それでも、ベッドパッドをした上でのプラスアルファの要素としてです。

質の高い睡眠は天然素材から生まれる

40近江縮み敷きパッドイメージ1

眠りのプロショップSawadaでは、ウールのベッドパッドや敷布団をおすすめしています。夏には、さらに涼感を高めるためにも熱伝導率が良く、熱を逃がす麻生地と麻わたの本麻クール敷パッドを、冬にはウォッシャブルウールの敷き毛布やムートンシーツと組み合わせて、季節に応じた自然素材を選んでいただくようにしているのです。

ロイヤルシープトン1