快眠寝具の選び方

swissflex_3

これを使ったら快眠できる寝具なんて無い

世の中には「この寝具を使ったら今日から快眠」と謳っているものが数多くあります。もちろん、それが使う人に合っていればいいでしょう。しかし、万能な寝具なんてないのです。

身体にストレスをかけない寝具を選ぶ

ヒトは本来ちゃんと眠ることができる動物です。疲れたら眠る、夜になったら眠る、睡眠は脳や身体の疲れを取るためにヒトにとっては欠かせません。

しかしながら、寒い・暑い・蒸れる・痛い・不自然などさまざまなストレスによって眠りは妨げられます。寝具選びをするときは、その人にとってストレスの少ない寝具を選ばなければなりません。

もちろん、寝具以外の寝室や、精神的・肉体的なストレスも睡眠を妨げる理由になりますから、睡眠の質を上げるためには、日常の環境や生活リズムなどの見直しも必要なことは言うまでもありません。

個人によってストレスの少ない寝具は異なる

暑がり・寒がり、仰向き寝・横向き寝、性差、基礎代謝量の違いなど、個人によって異なりますから、当然個人別にストレスの種類も変わってきます。

いままで数多くの快眠カウンセリングを行なってきましたが、特に暑がり・寒がりと寝姿勢によって選ぶ寝具が変わってくるのです。

自分に合う寝具をどのようにして選ぶか

上質な睡眠を得るためには、自分に合った寝具を選ぶことが必要です。いくら他人が良いといっても、あなたに合う保証はありません。自分の体格や体質、寝る癖等自分に合わせた掛布団、敷布団、マットレス、枕などをバランス良く組み合わせて行く必要があります。

まず寝具の機能的な役割を理解すること

自分に合うかどうかは、寝具がどのように機能するかを理解することが必要です。最終的には気持ち良いなどの感覚で決めることも多いのですが、長く使うものですから、機能を無視することはできません。睡眠生理に従って、素材の持つ特色を活かしていくことが大切なのです。

快眠のための掛ふとん選び
掛ふとんに求められる基本性能とは 掛ふとんに求められる性能は、寝床内の理想温湿度である「温度33℃、湿度50%」をいかにうまく調節するかにあります。 1.周りの暖まった空気をを逃がさないこと(温度調節) 掛ふとんの基本役割は、身体...
快眠のための敷ふとん選び
敷寝具に求められる8つの機能とは 畳やフローリングなど敷布団に求められる機能には8つあります。このうち最初の6つはベッドのマットレスと同じです。ヒトの体を司る神経は背骨を通っています。背骨が曲がったり、無理な力がかかると、身体に悪影響...
快眠のためのマットレスの選び方
ベッド用のマットレスに求められる6つの機能とは ベッドのマットレスを選ぶときに、「体圧分散」「寝返り」などの機能がありますが、大切なことは睡眠時身体にストレスを与えないように、必要な機能のバランスを取ることです。 ベッドのマット...
快眠のためのまくら選び
まくらはフィッテイングで選ぶ 枕の決定版はありませんし、枕だけで睡眠の改善は解決しません。 枕の選び方はある意味いちばんやっかいです。それは一般的には頚椎の高さと気道の角度で合わせるという基本があるのですが、実際には個人差が大きく、...

快眠カウンセリングを受けてください

「快眠できる枕ありませんか?」このようなお問い合わせが非常に多いのですが、枕一つをとっても、体型・体質・寝姿勢によって人さまざまです。ましてや腰痛や肩こりなどの身体的問題を解決するには、あなたの睡眠の状況を理解せずして問題の解決は得られません。場合によっては、睡眠外来など睡眠の専門医にかかる必要があるかもしれません。(睡眠時無呼吸症候群が多いです)

眠りのプロショップSawadaでは、上級睡眠健康指導士・睡眠環境診断士などの認定をうけ、多くのお客様の事例経験豊富なスタッフが、まずカウンセリングを行います。多くのお客様の場合、それほど時間は要しません。一方、睡眠障害や腰痛など問題を抱えている方の場合は、じっくりとお聞かせいただくことになります。

この時点でできるだけ多くの情報をいただくことが、睡眠改善の解決につながります。また、この時に、住宅や寝室環境、ご予算があればそれもお伝えください。

極上の眠りを得るために-快眠カウンセリングと快眠フィッティング
快適な眠りを得るために、さわだができること 「この枕を使ったら必ず快眠できる」というようなことは、ありえません。また、身体を計って作るからあなたにとってジャストフィットです、というのも考え方は悪くないのですが、実際には目安程度にしかな...

遠方の方はWEB快眠カウンセリングを

ご来店いただけない、してみたいがとりあえず目処を付けてみたいという方にWEB快眠カウンセリングを受け付けています。

WEB快眠カウンセリングをご希望の方はこちらをクリックして下さい。
▶WEB快眠カウンセリング

お問合せ、質問はお気軽にどうぞ
info3@sleep-natura.jpまで

快眠フィッティングで自分に合った品を選んでいただきます

カウンセリングに基づき、何種類かの寝具をお試しいただきます。最初に敷寝具(敷布団やマットレス)、その次にまくら、最後に掛ふとんです。

まくら単独の場合は、現在お使いの寝具に近いものでお試しいただきますが、現実にはまくらを探してこられる方の8割ぐらいは、まくらそのものより敷寝具に問題があるケースが多いので、そのことも合わせて確認を行います。

実際に最も重要視しなければならないのは敷寝具でしょう。布団というと掛布団をイメージされて敷寝具まで十分考慮されていないケースが多いのです。しかしながら、身体の健康を維持する重要な要素は背骨であり、ストレスなく自然な姿勢で身体を支えることが最も重要といえます。