極上の眠りプロジェクト

寝具というモノを提供するのではなく、快適な睡眠を提供するために

私どもの店はもともとは、打直しを中心とする木綿わたの加工と販売が中心です。寝具店として発展するにつれ、西川に代表される寝具卸の商品を仕入れて販売するというスタイルが増えてきます。木綿ふとんについては、相変わらず自家製をお届けしてきましたが、羊毛ふとん・羽毛ふとんはほとんどメーカー品というのが25年ほど前の状態でした。
嵩を出すためにぎゅうぎゅうづめにされた羽毛ふとんを見ながら「本当にこれでいいのだろうか?」という疑問が沸いて、1989年に滋賀県で最初の羽毛リフレッシュ&充填機を導入、自家製羽毛ふとんを作り始めたのです。それでも、その後の価格破壊の波で、販売する羽毛ふとんの大半は仕入れたものでした。

既成の寝具からの脱却

1999年にビラベック社の誘いを受けて、ヨーロッパを回りました。それは私にとって目から鱗が落ちる出来事だったのです。単に羽毛の原料の良し悪しだけでなく、生地の通気度やキルティングなど、寝床内にベストな状態を作り出すには、別の視点が必要なことに気がつきました。
それから、改めて素材選びが始まりました。料理でもそうですが、全ての基本は素材にあるからです。良質の自然素材を求めて、毎年年初のドイツ・ハイムテキスタイル見本市を訪れること、国内でも産地へ訪れて本物の良さを見抜くこと。次に、それらの優れた素材をどのように料理するか、です。側生地の選定から始まり、中わたの量、キルティングの方法など、試行錯誤をしながら、よりベストなオリジナル寝具の開発を進めていきました。

睡眠と睡眠環境を科学する

一方で、睡眠と睡眠環境に関する科学的な知識を身につけるために2001年に日本睡眠環境学会認定の睡眠環境コーディネーターを取得、また地元の滋賀医科大学に日本で始めて設けられた睡眠学講座の宮崎総一郎教授との出会いがあり、同講座認定の睡眠指導士初級から中級、最終的に上級を取得。睡眠のメカニズムとそれに対応した寝具に取り組んでいます。

これらの取り組みを総称して「極上の眠りプロジェクト」と私たちは呼んでいます。まだまだ十分ではなく、毎年毎年新しい情報を得ながら、寝具もバージョンアップを遂げています。

睡眠科学に基づいた寝具と睡眠環境(PDF)をご覧ください

ビラベック・スイス工場にて


横浜国立大学・睡眠環境コーディネーター講座にて川島先生と

羽毛工房から生み出される極上の羽毛ふとん

眠りのプロショップSawadaの店舗の一番奥には「羽毛工房」があります。上質な原料を、体質に合わせて作るには、自家製造しかないと、1989年に設けられ、年々バージョンアップをとげてきました。
現在では ドイツLorch社の羽毛洗浄機・乾燥選別機に加え、羽毛除塵機、サイクロン機能付の羽毛充填機を備えており、小売店としては、日本でも(いや世界でも)一、二を争う設備を備えており、製造からリフォームに至るまで一貫してサポートできる体制を整えています。

最適な一枚を日本最高水準の羽毛工房から
眠りのプロショップの羽毛布団は全て自家製 本物をお届けする、そこが原点です 今なお、いい加減な品質が多い羽毛布団 1988年、羽毛ふとんの普及率はまだまだ低く、それ故に訪問販売やマルチ商法で販売されて社会的にも問題になってきた頃で...

羽毛と会話する

羽毛工房を作ったメリットは製造直売(SPA)j形式によって良い品を安く提供できるということでしたが、なにより「羽毛と会話できるようになった」ことが一番です。いままでに4000枚以上の新品羽毛布団を仕上げ、2000枚近い羽毛布団のリフォームを行ってきました。羽毛は天然のものですから、良し悪しがはっきりしています。同じスペックで購入しても、原料屋さんによって大きく異なりますし、同じ原料屋さんでも年によって出来不出来がでます。その羽毛の状態を見極めながら、品質が良いということはもちろんのこと、お客様の体質にベストな羽毛布団づくりに取り組んでいるのです。

羽毛ふとんのリフォーム(仕立直し)
長く使うことが究極のエコ 10年経ったら羽毛布団はリフォーム(仕立直し)を 増えてきたとはいえ、羽毛ふとんのリフォームは認知度がまだまだ低いようです。木綿の布団が打直しできるように、羽毛ふとんも仕立直しをすることによって、さらに長く使う...

身体を正しく支える、メタルフリー・自然素材のマットレス

日本でベッド用のマットレスというと、ほとんどが金属コイルのマットレスになりますが、ヨーロッパへ行くとほとんど見ることがありません。その原因は金属コイルのマットレスのリサイクルが難しいのと、金属コイルは電磁波を誘導し電子スモッグと呼ばれる現象を引き起こすためといわれています。特に環境に厳しいヨーロッパでは金属を使わないメタルフリーのマットレスが中心的です。

特にその中でもリラックス社、ヒュスラーネスト社、プロナチューラ社などは、自然素材100%のウッドスプリングとこれも自然素材のマットレス、オールナチュラルで展開しています。ヨーロッパならではのこだわりを感じさせる逸品です。

ナチュールフレックスセット

快眠のためのマットレスの選び方
ベッド用のマットレスに求められる6つの機能とは ベッドのマットレスを選ぶときに、「体圧分散」「寝返り」などの機能がありますが、大切なことは睡眠時身体にストレスを与えないように、必要な機能のバランスを取ることです。 ベッドのマット...

地元近江の真綿(絹わた)や麻を使った地産地消寝具

「近江を制するものは日本を制す」とまでいわれた近江。私たちの地元長浜は豊臣秀吉公が始めて城持ち大名となって築城された長浜城のもとに作られた近世城下町の原型ともいわれるまちですが、周りには浅井三姉妹のふるさとである小谷城、姉川や賤ヶ岳などの古戦場があります。その近江には古くから使われ、伝えられている素材が多くあります。

その一つが近江真綿。蚕の繭を丁寧に正方形に重ねた真綿を何百回と手引きをして生まれる近江真綿には、絹の持つ暖かさと肌沿いの良さがあります。

シルクのやさしい肌ざわり-近江真綿の布団
近江真綿-北近江は日本のシルクロード 絹のふるさと 北近江 琵琶湖の北東部、北近江と呼ばれる地域(長浜市・米原市)は、江戸時代より養蚕が盛んで多くの絹製品が作られました。北の木之本では琴や三味線の糸が、長浜では高級呉服に用いられる浜ちり...

また、近江上布として知られた麻織物、中でも独特のしぼをつける近江ちぢみは夏座布団の全国シェアの大半をもっていますし。蒸し暑い日本の夏には熱伝導性の高い麻は最適です。

さらっと快適なリネン麻・ラミー麻の寝具
蒸し暑い夏に古来から使われてきた日本人の知恵=麻 麻は熱伝導率が高く、熱のこもりが少なく涼しい素材です。 日本古来から続くラミー=苧麻(ちょま)とヨーロッパが本場のリネン=亜麻があります。 今では一般的な綿織物も、日本に入ってきた...

しかしながら、これらの優れた伝統のある品も海外製品に押されて継承が難しくなっているのも事実です。そこで眠りのプロショップSawadaはできるだけ地元素材をうまく使い、工場直結によって、よりリーズナブルな価格でお届け出来るよう、さまざまな取り組みを行っています。