極上の羽毛布団を極める

羽毛ジャガードC

睡眠科学に基づいた、理想の羽毛布団とは

温度33℃湿度50%をキープし、軽くて身体に負担をかけずに、やさしく身体を包む羽毛布団を作るには次の3つが重要となります。

1.軽量で通気性の良い生地
2.身体にフィットするキルティングと適度な入れ目
3.絡みが強く、ホコリの少ない羽毛

意外や意外羽毛の質は3番目ですが、1.と2.を実現するためには、非常に質の高い羽毛がひつようとなるのです。この3つはお互いが連携して、気持ちが良い羽毛布団となるのです。

軽量で通気性の高い生地-羽毛の性能は生地で決まる

軽量で通気性の高い生地を使うメリットは3つあります。

1.軽量だと羽毛を押さえないので、空気の量が増え、羽毛の充填量を少なくできる

2.軽量の生地は、含まれる湿気の量が少なく、暖まるのが早い

3.通気性の高い生地は、空気の循環が早く、すばやく湿度の調整がなされる

生地が軽いと羽毛を押さえませんから、空気をたっぷり含みます。同じ嵩をだすのでも羽毛の量を少なくでき、生地だけでなく全体の重量を軽くできます。

また、軽量であるということは生地に含まれる水分が少なく、吸収しても発散されやすいのです。湿気をあまり含まないということは、寝入り状態の時に生地を暖めるために身体の熱が奪われることが少なく、即温性があります。

この2点だけだったら、昨今非常に多いポリエステル混の繊維でも成り立つのですが・・・創造してみてください。もし羽毛布団の側生地がビニールだったら・・・中にどれだけ素晴らしい羽毛を入れたとしても通気性のない生地では、羽毛の良さは生きてきません。つまり羽毛自体が呼吸して、湿気を素早く吸ったり、放出したり、暖まった空気を囲い込んだり、という長所は生地の通気性があって、はじめて成り立ちます。

このことから、羽毛の良さを活かすには通気性の高い生地が必要ということです。ポリエステル混の生地は通気性が悪く、蒸れやすいという欠点があります。通気性が良いと快適であるというのは、羊毛ふとんでもニット生地の方が気持ちが良いのと同じ意味です。

羽毛を活かす、通気性の良い羽毛ふとん用生地
ご存じですか?羽毛布団の快適さを決めるのは生地だと もし、羽毛ふとんの側がビニールだったら・・・ ビニールでは通気性が全くありませんから、たとえ最高級のアイダーダウンを入れていようが、ふとんとしての機能は大きく低下してしまいます。な...

日本では吹き止め加工ダウンプルーフが強く、通気性が悪い。ポリエステルならなおさら

一般的に羽毛布団の側生地は羽毛が吹き出さないように、ダウンプルーフという目つぶし加工が行われています。通気度という、通気性を示す生地の性能値がありますが、平均的な日本の生地は通気度が1.3~1.5cc/s(ポリエステル混だと0.7~0.9cc/s)です。羽毛布団の歴史が浅い日本では、羽毛の吹き出しをできるだけ押さえるために強めにダウンプルーフをかけてしまいます。

一方、ヨーロッパの生地だと4cc/s以上の物がが多いのです。羽毛は昔から使っている素材なので、少々の吹き出しはあまり気にされないことが多いようです。また平織(バティスト)生地がほとんどなので、サテン(繻子)織りが多い日本に比べて平織の方が通気度を上げても、生地組成が安定しているため問題が少ないのです。

ノンダウンプルーフ生地はどうなのか

ダウンプルーフ生地は表面で水を弾きやすいために、ノンダウンプルーフ(ダウンプルーフ加工をかけない)生地が良いといわれてきました。その一方でノンダウンプルーフ生地は重量が重たくなる、洗うと通気度が下がるという大きな問題点があるために、当店ではおすすめしていません。

Q:ダウンプルーフ加工をかけない羽毛布団の方が良いんですか?
樹脂によるダウンプルーフ加工をかけない羽毛布団が良いと聞きました。なぜでしょう? 基本的には正しいです。通常羽毛布団の生地には、羽毛の吹き出しを押さえるためにダウンプルーフという吹き止め加工をしています。一般的には樹脂によって行うもの...

理想のオリジナル羽毛ふとん生地S9100登場

眠りのプロショップSawadaのオリジナル羽毛生地S9100は、国産で珍しい平織りです。100番手を平織りで85g/㎡とヨーロッパ産並の軽量(一般には115~140g/㎡が多い)生地であり、通気度3.2ccと日本の規格ぎりぎりまで通気性を上げた、理想的な生地です。

羽毛の良さを活かすためのオリジナル生地S9100
羽毛布団に最適な生地は何か・・・をずっと探求してきました 当店が羽毛布団を自社で作り始めたのは今から30年近くも前1988年の話です。当時最新型と呼ばれたR&Rシステムを導入。羽毛布団を手作りで始めました。最初に勉強したのは羽...

通気性を下げると蒸れる

昨今の羽毛布団にはポリエステル混の側生地が多く使われています。軽くてコストが安いのですが、通気度は0.7~0.9cc/sと、1cc/sを切るものがほとんど、つまり通気性が悪いのです。当然、空気の循環が十分に行われませんから、蒸れやすくなります。

これらのタイプは「丸洗い加工」「ウォッシャブル」と標記されることも多いのですが、洗える一方で通気性を抑えているので、あまりおすすめするものではありません。

羽毛を活かす、通気性の良い羽毛ふとん用生地
ご存じですか?羽毛布団の快適さを決めるのは生地だと もし、羽毛ふとんの側がビニールだったら・・・ ビニールでは通気性が全くありませんから、たとえ最高級のアイダーダウンを入れていようが、ふとんとしての機能は大きく低下してしまいます。な...
Q:なぜポリエステル混の羽毛布団生地が多いのか?その問題点は?
最近、羽毛布団用生地にポリエステル混が増えています・・・が使ってはいけません 4~5年前まで、羽毛布団用の生地といえば綿100%が大半でした。ポリエステル混の生地はウォッシャブルタイプの羽毛布団・羽毛肌ふとんや量販店の低級品に使われる...

通気性を上げるのなら、ホコリの少ない上質の羽毛が必要

飼育日数が少ない・飼育環境が悪い鳥からはホコリの多い低質な羽毛しか採れませんが、通気性の良い生地をつかうと、ゴミの吹き出しが多くなります。逆にいえば、通気性の良い生地を使うには、ホコリの少ない上質な羽毛が必要となります。ヨーロッパから輸入しているオーストリアHEFEL社の268(重量70g/㎡)や198(重量80g/㎡)は通気度が7~8CC/Sもあります。このクラスだと、絡みが強いアイダーダウンやステッキーダウンなどの最高級羽毛が必要となります。

良い羽毛を求めて・・・
羽毛の質を見抜くためには経験が必要 羽毛の世界はキツネとタヌキの化かし合い これは、信頼の置ける羽毛会社のトップが語られた言葉です。食品の世界では昨年来さまざまな偽装事件が発覚いたしましたが、残念なことに羽毛の世界はそれ以上の状態で...
羽毛の良し悪しはどのように決まるのか
羽毛の質を決める7つの要素 基本的には、農家の飼育姿勢が重要 羽毛は農作物ですから、様々な要素で品質が左右されます。基本的には、良い環境でじっくりとていねいに育ててやれば、良い羽毛が採れ、そうでないとそれなりの羽毛になります。 ま...

小さな嵩でも保温性が高いステッキーダウンはホコリも少ない

2016BEST_OF_POMMERN3

羽毛と羽毛が絡み合う最高級はアイスランド産のアイダーダックダウンですが、それ以外にもポーランド・ポメラニア地方のように、絡みがしにくいグースダウンにもかかわらず、寒暖の差が厳しいために絡みの強い大きなダウンボールの羽毛が得られます。絡み合う羽毛が暖まった空気を逃がさないために、嵩高は出ませんが非常に保温力が高い羽毛です。

アイダーダウンやステッキーダウンは手選別によって得られるので、産出量は少ないのですが非常にホコリの少ない羽毛が得られます。一石二鳥なのです。

これらの羽毛は貴重品のために年間産出量が極めて限られます。店主が毎年ドイツへ行くのも、限られた最高級のステッキーグースダウンを手に入れるためです。

極上の羽毛 カウフマン社のメッセスペシャル
極上の羽毛 カウフマン社のメッセスペシャル羽毛 それは衝撃ともいえる出会いだった もう20年近く前のこと、「どこかに本当に良い羽毛ってないでしょうか?」 とあるヨーロッパから寝具を輸入している小さな商社の人に聞いたら、カウフマン...

身体にフィットするキルティング

アイダーダウンやステッキーダウンの場合は、それほど嵩が出ませんので、今度は身体にフィットするキルティングが必要になります。そこで、一般的な4×5(20)マスではなく、5×6(30)マスの小さな羽毛布団に仕上げます。これによって、ほどよいバランスで身体にフィッティングすることができるのです。

down56

pop%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

体質に合わせて羽毛ふとんのキルティング方法を選ぶ
自分に合った羽毛布団のキルティングとは? 暑がりの夫と寒がりの妻、同じふとんでいいのでしょうか? 一般に、男性は暑がりで、女性は寒がりの方が多いのです。これは基礎代謝量が違うからで、同様に子どもも体重あたりの基礎代謝量は大人をしのぎます...

過ぎたるは及ばざるがごとし 羽毛を入れすぎない

羽毛布団のメーカーは店等での競争を勝ち抜くために、羽毛の量を入れすぎることが多いのですが、一方で寝室は断熱性や気密度が高い部屋が増えています。使う地域の気候風土、住環境、個人の体質によって最適な羽毛の量は異なります。

羽毛を入れすぎると空気の循環が悪くなります。量が少ないと通気性は向上する代わりに保温性が悪くなります。そこでステッキーダウンのような、嵩があまり出ずに保温力の高い羽毛を使うと、保温と通気性の両立ができるのです。

体質に合わせた最適な羽毛ふとんの中身の量とは
体質に合わせて、羽毛布団の厚さを調節する 過ぎたるは、なお及ばざるがごとし 羽毛ふとんは軽くて暖かい。ふんわりと嵩がでる。 いずれも事実です。 ところが、これが行き過ぎると、メーカーはとにかく嵩高にすることが自社の羽毛ふとんを他...

結論:高通気度&軽量の生地+ステッキーダウンがベスト。
これを羽毛工房で一枚ずつ手作りします

眠りのプロショップSawadaはこれらの最高級の生地と羽毛を使って、お一人お一人の体質などに合わせて手作りしてお届けします

最適な一枚を日本最高水準の羽毛工房から
眠りのプロショップの羽毛布団は全て自家製 本物をお届けする、そこが原点です 今なお、いい加減な品質が多い羽毛布団 1988年、羽毛ふとんの普及率はまだまだ低く、それ故に訪問販売やマルチ商法で販売されて社会的にも問題になってきた頃で...

上質の羽毛はリフォームも楽々

ステッキーダウンのようにホコリが少ないと、リフォームした際に羽毛のロスが最低限で抑えられます。一般的な羽毛布団をリフォームすると15~20%、場合によっては30%近くゴミとして羽毛の量が減りますが、カウフマン社のポメラニアンステッキーグースダウンの場合は過去の経験からいっても、5~10%しか減りません。実際に見ていても、羽毛の質の高さがはっきりとわかるのです。

羽毛ふとんのリフォーム(仕立直し)
長く使うことが究極のエコ 10年経ったら羽毛布団はリフォーム(仕立直し)を 増えてきたとはいえ、羽毛ふとんのリフォームは認知度がまだまだ低いようです。木綿の布団が打直しできるように、羽毛ふとんも仕立直しをすることによって、さらに長く使う...

これらを実際の羽毛布団にすると、こうなります

極上の手作り羽毛布団 ステッキーホワイトグースダウン TE270-BPST95SP
軽量で高い保温性、ホコリが少なく蒸れにくい四拍子 最高級の羽毛布団を作るとどうなるか。これを形にした、眠りのプロショップSawada手作りの羽毛布団です。ちょうど、これは羽毛布団の充填が終了して、入れ口を縫製する前です。(画像は前の生...
上級睡眠健康指導士 沢田昌宏がおすすめする快眠のための寝具ですベスト・オブ・ポメラニアンアイダーダウンを除けば、これが最高級特徴は2つです1.手選別で絡みが非常に強いポーランド・ポメラニア地方で採取されるステッキーホワイトグースダウンを使っ
上級睡眠健康指導士 沢田昌宏がおすすめする快眠のための寝具です最高級TE270-BPST95のスーパーサブこだわりの生地と羽毛を使った極上羽毛布団TE270-BPST95の持つ良さをそのままに、20%ほどお安くお求めできる羽毛布団です1.手
おすすめ羽毛布団その3 S91-HSV93
上級睡眠健康指導士 沢田昌宏がおすすめする快眠のための寝具です コストパフォーマンスの高いシルバーグースを使用 440ダウンパワーというハイパワーでありながら、お買い得なハンガリーシルバーグースを使ったコストパフォーマンスの高い...
おすすめ羽毛布団その4 S91-HSV95 460ダウンパワー
上級睡眠健康指導士 沢田昌宏がおすすめする快眠のための寝具です 超軽量で仕上げた最高級レベルの羽毛ふとん 国内でも得られる最高レベルの460ダウンパワーのハンガリーシルバーグースを使った超軽量の羽毛布団です 1.プレミアムゴー...