ねむりの部屋一覧

ねむりの部屋 Vol.4 ひかりとあかりー眠らない子どもたち

「蛍の光、窓の雪」-蛍雪の功といっても知らない世代が増えている。受験勉強は現代の問題だけではなかった。中国では古くから科挙と呼ばれる官僚登用試験があり、進士への及第を目指し、寝る間も惜しんで苛烈な勉強を行ったという。蛍雪とまでは言わないが、...

ねむりの部屋 Vol.3 夏が来れば思い出す

その昔、夏になると布団の仕立直しをするというのが主婦にとっては大きな行事であった。といっても私自身それを見たことは無く、お客様とのお話しに出てきたことだから、せいぜい昭和40年ぐらいまでのことである。 布団の側を解き、綿を打ち...

ねむりの部屋 Vol.2 夢(ゆめ)か、現(うつつ)か、夏の夜の夢

日本の夏は蒸し暑い。湿気が多いから不快指数はぐんぐん上がる。夜はなかなか寝付けない。寝付いても眠りは浅く、意識は夢と現実を行き帰りする。気がつくと朝で、褥は汗でびっしょりとなる。頭はぼーっとして、寝たのやら寝てないのやらはっきりしない。快適...

ねむりの部屋 Vol.1 抱き合って眠るの

かつては、結婚するときに揃える布団やベッドはダブルが当たり前という時代があった。それは神田川の三畳一間の延長にある二人の世界を象徴していたのだろうか?それは一方で、6畳の部屋に婚礼箪笥を入れると、ダブルしか使えないという現実的な事情もあった...