ベッド・マットレスの納品事例

専用ベッドにウッドスプリングを組合わせた事例

事例1-1 オリジナルひのき2ベッド+ナチュールフレックス・ウッドスプリング

当店オリジナルの長浜産ひのきを使ったひのき2ベッド(ヘッドボードにスマホ等を置く棚が付いたタイプ)にオーストリアRELAX社ナチュールフレックス・ウッドスプリング+馬毛羊毛マットレスを組合わせた事例です。シングル2つを繋げていますが、この場合中央部分にはサイドフレームの厚みの隙間ができます。

事例1-2 オリジナルひのき1ヘッド無しベッド+RELAX2000ウッドスプリング ワイドキング(シングル2連)

ワイドキングサイズ(200×200cm シングル2連)のベッドにRELAX社RELAX2000ウッドスプリングを組合わせた事例です。マットレスはシルバーネス13cmマットレスです。

ワイドキングの場合は強度を確保する必要があるために、通常のシングルのベッドより幅広のサイドフレームやフットボードで仕上げます。

事例1-3 オリジナルひのき1ヘッド無しベッド+RELAXナチュールフレックスウッドゥスプリング ワイドキング(シングル2連)

事例2とベッドフレームは同じで、ナチュールフレックス・ウッドスプリングを組合わせたケースです。マットレスはシルバーネス・ラテックスマットレス。

ナチュールフレックスの場合はこのように専用の下板を置いて、その上にウッドスプリングを載せます。

事例1-4 オリジナルひのき2ベッド+RELAX2000ウッドスプリング ワイドキング(シングル2連)

事例3に近いのですが、ヘッドボードがあり、その上にスマホなどを置くことができる10cm巾ほどの小さな棚とコンセントが付いています。

事例1-5 オリジナルひのき1ベッド別注+ナチュールフレックス・ウッドスプリング

ヘッドボードの高さを通常の半分にして欲しいというお客様事例です。

事例1-6 オリジナルひのき1ベッド別注+ミルフィエレメント・ウッドスプリング クイーン(セミシングル×2)

珍しいセミシングル(80cm巾)を2連でクイーンサイズ(160cm)にした例です。ベッドの下をすのこにして、その上にミルフィエレメントウッドスプリングを2連にして置いています。

セミシングルサイズは数が限られているため、確認してください。一般的にヨーロッパでは80cm、90cm、100cmのマットレスやウッドスプリングは価格が同じです。ですから80cm×2連でも100cm×2連でも価格は変わりません。この設置例は寝室のサイズからクイーンサイズに仕上げましたが、通常は他の事例にあるようにシングル×2のワイドキングサイズにすることをおすすめします。

通常のスノコベッドにウッドスプリングを組合わせた事例

事例2-1 国産ひのきすのこ6本足ベッド+ナチュールフレックス・ウッドスプリング

シンプルな6本足の国産桐すのこベッドにRELAX社のナチュールフレックスウッドスプリングを組合わせました。奥のベッドは奥様が横向き寝ですので、肩のスラット(板)を1枚抜いて設置しています。

通気性の良いウッドスプリングですが、このように角に近い状態で置く場合は、ベッドの下にサーキュレーターなどを入れて、換気をうまくすることも大切です。

事例2-2 すのこベッド+ナチュールフレックス・ウッドスプリング

これも市販のスノコベッドを2連にして、RELAX社のウッドスプリングを置きました。

上に置いたマットレスは馬毛の入ったラテックスマットレスです。シングルを2つ繋げて、ベッドパッドはワイドキング200×200cmを置いて、大きなマットレスに見えるようにしています。

事例2-3 すのこベッド+ミルフィエレメント・ウッドスプリング

こちらも市販のスノコベッドの上に、ビラベック社のミルフィエレメントウッドスプリング+ミルフィラテックスマットレスを組合わせた事例です。

創業130周年記念「春祭」を開催中 3/20~5/31詳しくはこちら