MENU
羽毛布団、羽毛布団リフォーム6/1より価格改定

快眠のために寝具や睡眠環境を改善するには

睡眠環境を改善する-快眠のための部屋づくり

この30年間で住環境は通気性の良さを重視した伝統的な和建築から、高密度・高断熱の住宅へと大きく変わりました。

現在の住宅建築では、リビングやダイニング、水回りなどが重視されて、睡眠環境はおざなりにされていることが多いのです。快適な睡眠のためには、住環境を整えることも重要です。

  • 保温性・気密性・遮音性を上げると同時に、換気性を高める
  • 遮光カーテンは使わない(交替勤務の方は遮光がおすすめ)
  • 吸湿発散性の良い壁材や床材を選ぶ、床はコルクがベスト
  • できるだけ一階に寝室を作り、トイレを直ぐ近くにする

快適な寝具を選ぶための知識

快適な寝床内気候(温湿度)は 温度33℃湿度50%です。まず、このことを理解する必要があります。

タイプ別の寝具選び

冷え性・寒がりの方の寝具の選び方

暑がりの方のための寝具の選び方

腰痛の方のための寝具の選び方

高齢者のための寝具の選び方(掛布団・毛布)

高齢者のための寝具の選び方(マットレス)

子ども~中高生のための寝具の選び方

赤ちゃん・幼児のための寝具の選び方

快眠のための寝具選び

掛布団・羽毛掛布団の選び方

睡眠のプロからのおすすめは、掛布団は羽毛掛布団がベストです。その理由は

  • 睡眠に最適な温湿度環境を得やすい素材
  • 長年使用しても経年変化が少ない
  • リフォームして長く使え、最後は生分解する

つまり、ヒトにも環境にも優しい、掛布団としては理想的であるからです。

羽毛布団選びのためにはこちらをご覧になってください

敷寝具・マットレス・ベッドの選び方

快適な睡眠のためには敷寝具選びが最も重要になります。畳みやフローリングで使う場合と、ベッドで使う場合では選び方が異なります。

基本的な考え方は同じですが、最適な敷寝具を選ぶには、選択肢の多いベッド・マットレスがベストです。フロアータイプの敷寝具は片付けが必要な場合、ある程度軽量で折りたためる必要があります。その分選択肢が狭まります。

快眠できる自分に合ったマットレスの選び方(ベッド編)

快眠できる自分に合った敷布団・マットレスの選び方(畳・フローリング編)

まくらの選び方

まくら単独で睡眠が改善することはあまりありません。まくらは敷寝具の一部なので、敷寝具を合わせてから選ぶことが重要です。

毛布や夏物寝具などの選び方

カバー・シーツの選び方

極上の眠りプロジェクトという自然素材で自然な眠りをめざす取組について

極上の眠りプロジェクトとは

睡眠を探求した眠りのプロショップSawadaオリジナル寝具

無料WEB快眠カウンセリングはこちら

眠りのプロショップSawadaではWEB上で無料の快眠カウンセリングを行なっています。お気軽にどうぞ。

無料WEB快眠カウンセリングのご案内