April Fool :2011/4/1 自己逃避型ベッド「母のゆりかご」新発売

眠りのプロショップSawada(沢田昌宏社長)はこのたび自己逃避型ベッド「母のゆりかご」を新開発して、発売することとなった。これは過大な期待や責任を負わされて、神経をすり減らしている方の精神を癒やし安らげるためのストレス解放ベッドだ。

おおきなゆりかごの形をしていて、中に入るとシールドされて外の煩わしい音は一切カットされる構造になっている。癒しの眠りモードにすると、ベッド全体がゆったりと揺れて、中には実に心地良い睡眠空間と、癒しの音楽が流れてくる。音楽にはサブリミナルメッセージが含まれていて、母親のような声で「あなたは何も悪くないのよ、他の人や世間が悪いのよ」と、自己逃避させてくれるのが大きな特徴である。

発表の前から大きな反響があり、東○電力の社長室からは「一刻も早い納品を」とか、霞ヶ関の官庁街でも大きな話題となって、すでに相当数のバックオーダーを抱えているようである。オプションで放射能防護装置が付けられるそうだが、こちらは「責任回避か!」と世論の反発を買っている模様。

姉妹品の「ガンバレ日本」も大きな注目が集まっている。こちらは短時間で精神と疲労回復ができる、特殊マッサージ付きベッドで、BGMには「宇宙戦艦ヤマト」のテーマソングが使われ「日本を救うのは君しかいない」とサブリミナルメッセージが流れるそうである。防衛省が大量発注したとの噂が流れている。