再生エネ100%で作る羽毛ふとん-7月より本店・羽毛工房ダウンラボに再生エネ100%電力を導入します。

ウォッシャブルウールわたのオリジナル羊毛ふとん

ビラベック社に近い性能を国産で。 大東紡のウォッシャブルウールわたを使ったオリジナル羊毛敷布団、羊毛ベッドパッド

表面に通気性の良いニット生地、裏面には熱を逃がすリネン麻生地を使用

羊毛敷布団や羊毛ベッドパッドの気持ちよさは、ドイツビラベック社の羊毛がダントツです。その良さを国産で、できる限り近い物で価格的にもこなれた物を、という考え方から生み出されたのがオリジナル羊毛敷布団・羊毛ベッドパッドです。

当店オリジナルのビラベック社羊毛ふとんに準じて、片面は通気性の良いニット生地によって、羊毛の吸放湿性を最大限に生かします。また、もう片面はリネン麻生地を使い、夏には熱がこもらずに、さらっとした寝心地が得られるようにしています。

シングルはハードマンズの25番手厚手のリネン麻生地です。セミダブル・ダブルサイズの場合は、リトアニア・リネン(色はグリーンもしくはブルー)になります。

丸洗い可能なE-WOOL ウォッシャブル羊毛わたを使用 小さなお子様がいらっしゃる場合はこちらがおすすめ

太さが中間で縮れの強いウールは、吸湿性に優れるだけでなく、放湿性も抜群。もちろんウールですから、天然の暖かさが十分に感じられます。そこでビラベックの羊毛ふとんはロイマリンドウールと呼ばれました。ロイマリンドとはリューマチのこと。リューマチや神経痛には湿気と冷えが大敵です。この羊毛の質を支えているのが、羊毛の使い方です。

ウォッシャブルウールなので、おねしょの心配など小さなお子様がいらっしゃる場合はこちらをおすすめします。いざという時に、風呂場へ行って簡単に洗えます。

E-WOOLは、ウールの表面にあるスケール(ヒトの髪でいうとキューティクル)を薬品処理で取り除くことで、家庭洗濯しても縮まないような加工をされています。

イギリス+フランス+ニュージーランド 3ミックスウール

クリンプの強い腰がしっかりしたイギリスのサフォーク種、柔らかいがクリンプの強いフランスのサウスダウン種、繊維が太くて長いニュージーランドのヘレンデール種など、性格の異なる3種類のウールをブレンドして、弾力性のある羊毛わたが得られています。

オリジナルリネン麻付き羊毛ベッドパッド

ベッドパッドは四隅にゴムが入っています

サイズ羊毛わた価格(10%税込)
シングル(S)100×200cm1.5kg26,400円
セミダブル(SD)120×200cm1.8kg31,900円
ダブル(D)140×200cm2.1kg37,400円
クイーン(Q)160×200cm2.4kg44,000円
ワイドキング(WK)200×200cm3.0kg55,000円

別注サイズも可能です。価格はお見積となります。

価格にリンクがあるものは、クリックするとYahoo!ショッピングに移動します。その他のご注文は info3@sleep-natura.jp までお問い合わせ下さい。

オリジナルリネン麻付き羊毛敷布団

サイズ羊毛わた価格(10%税込)
シングル(S)100×200cm3.2kg37,400円
セミダブル(SD)120×200cm3.9kg45,100円
ダブル(D)140×200cm4.6kg52,800円
クイーン(Q)160×200cm5.2kg60,500円
ワイドキング(WK)200×200cm6.4kg74,800円

別注サイズも可能です。価格はお見積となります。

なお、片面がリネン麻にならないタイプもご用意できます。シングルで33,000円(10%税込)です。

より保温性が高いキャメルわた入り羊毛敷布団登場

より保温性と吸湿発散性を向上させるために、最上層にキャメル1kg+ウール1.6kgを使ったハイグレードタイプです。わた量は2.6kgですが、嵩はウール3.2kgとほぼ同等です。

キャメルの良さに加え、ウールもウォッシャブル加工をしていないタイプですので、通常のタイプよりも吸湿発散性が向上しています。

サイズキャメル・羊毛わた価格(10%税込)
シングル(S)100×200cm2.6kg55,000円
セミダブル(SD)120×200cm3.2kg68,200円
ダブル(D)140×200cm3.7kg77,000円
クイーン(Q)160×200cm4.2kg88,000円
ワイドキング(WK)200×200cm5.2kg115,500円

別注サイズも可能です。価格はお見積となります。

ビラベック社羊毛ふとんとどう違うのか?

極上の眠り-ドイツ・ビラベック社の羊毛敷ふとん、羊毛ベッドパッド
ビラベック羊毛ベッドパッド、敷布団の価格改定につきまして 7月1日より コロナウィルス禍の影響もあり、ビラベックの工場も十分な稼働状態ではありませんが、素材/加工関係のコストアップ、海上運賃の高騰もあり、7月1日から価格が改定...

1.ウォッシャブル加工のE-WOOLなので、洗うことが簡単

2.E-WOOL加工は、入眠後1時間における吸放湿性がビラベックに劣る

3.ニット生地が厚いので通気性に劣る

使用感はドイツ・ビラベック社の羊毛ふとんが格段に上です。これは、自然状態に近いウールを使っているビラベック社のウールの方が吸放湿が早く、ウールの表面のスケールを取り除いてしまっているE-WOOLは性能が落ちるからです。(下の図を参照してください。未加工の自然のウールの方が素早く吸湿し、放湿します。)

一方で、小さなお子さまがいらっしゃるような家庭でしたら、おねしょをした場合、風呂場等で直ぐに洗えるE-WOOLの方がいいでしょう。機能と予算とで、選択していただくのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました