再生エネ100%で作る羽毛ふとん-7月より本店・羽毛工房ダウンラボに再生エネ100%電力を導入します。

羽毛について記事一覧

快眠ブログ

初夏-5月ぐらいに快適な羽毛合掛けふとんの選び方

掛布団では暑い、肌布団ではまだ寒い初夏 新緑がまぶしく、暖かさと、じんわりを増えてくる湿度を感じる初夏、4月末~5月~梅雨入りまでの時期には合掛けふとんが合います。 中厚?合掛け?肌掛け? どう違うのか 合掛けふとんの厚さは、掛布...
快眠ブログ

Sanders社の羽毛肌布団用側を試してみる

通気性を重視したドイツ・サンダース社の羽毛肌ふとん側 1月、ドイツ・ハイムテキスタイル見本市のSanders社のブースでサンプルで入荷した羽毛肌布団側に羽毛を入れて作ってみました。 メッシュから湿気を逃がす特殊な構造 この...
Q&A羽毛布団

Q.某通販の羽毛布団とどう違いますか?

あるお客様からご質問をいただきました 「貴社HPのアウトレット品のページに記載されている〔軽量の80バティスト 中国産側生地使用フランスピレネー産400dpのミュラー種ホワイトダック(BC80-V55-FPD90A-S)掛ふとん【普通...
おすすめ寝具

おすすめ羽毛布団その5 K98-PWG93S 430dp

上級睡眠健康指導士 沢田昌宏がおすすめする快眠のための寝具です マザーグース並みコストパフォーマンスの高いポーランド産ホワイトグースを使用 430ダウンパワーというと大手メーカーではマザーグース並みですが、今回のポーランドグース...
おすすめ寝具

おすすめ羽毛布団その4 S91-PWG93S 430dp

上級睡眠健康指導士 沢田昌宏がおすすめする快眠のための寝具です マザーグース並みコストパフォーマンスの高いポーランド産ホワイトグースを使用 430ダウンパワーというと大手メーカーではマザーグース並みですが、今回のポーランドグース...
Q&A羽毛布団

羽毛布団をリフォーム(仕立直し)する際の注意点

羽毛布団は10~12年に1度、リフォーム(仕立直し)をすることで、長く使うことができます。眠りのプロショップSawadaでは、羽毛工房に国内再興レベルの羽毛リフォーム設備を持ち、お客様の目の前で店主がリフォームを行っています。 ...
Q&A羽毛布団

増量羽毛ふとんの悲喜劇、本当に増量は良いのか?

ん?これって増量羽毛ふとん? お客様からお預かりしたリフォームの羽毛ふとん。表示を見るとホワイトグースダウン95%スモールフェザー5% 1.4㎏(1400g)で産地表示は山梨とあります。マスは3×5で15年程お使いになっておられますが...
Q&A羽毛布団

どう違う?400dpのホワイトダック羽毛と410dpのホワイトグース羽毛

400dpのダウンパワーがあるホワイトダック羽毛と410dpのホワイトグース羽毛。パワーの差は僅かながら価格は倍ほど違います。実際にはホワイトグース羽毛の方が、ダウンが揃っていて、なによりホコリが少ないのです。その違いを説明します。
羽毛について記事一覧

グルーダウンの問題について(from IDFL)

グルーダウン=不適切な方法で人為的に増量された羽毛 低価格羽毛布団に使われているグルーダウンの存在が問題になっています。一番下のコラムに国際羽毛検査機関IDFLから送られてきたメールの内容を添付しました。 というのも、国際的な需...
寝具のメンテナンス

ドイツ製などヨーロッパ製の羽毛布団のリフォーム(仕立て直し)

ドイツ製などヨーロッパ製の羽毛布団をリフォーム(仕立て直し)する場合には、通常のリフォームとは異なる注意点がいくつかあります。よく考えないで、普通のリフォーム加工をしてしまうと、似て非なる羽毛布団に仕立てられてしまうからです。 ヨ...
タイトルとURLをコピーしました