店主 沢田昌宏(ねむりはかせ)の自己紹介 その2

ねむりはかせ-店主のいろいろな顔

長浜商店街連盟の会長

ねむりはかせは長浜商店街連盟の会長もしています。それに付随して、いろいろな役が降ってきます。自分でもわからないぐらい。商店街が作ったポイントカード事業の運営会社、長浜倶楽部株式会社の社長の役もあります。

長浜商店街(中心市街地)は1990年の黒壁に代表されるまちづくりによって、中心市街地活性化の代表事例として紹介されていて、いまでも、視察にお越しになる方が少なくありません。また、社会学部系の学生さんの研究対象になることも多いのです。

しかしながら、賑わいがある長浜の商店街でも後継者問題は深刻です。なんとか、次代へつなげようとさまざまな取り組みをしています。

また、まちなかで始まった元浜町13番街区市街地再開発事業の組合副理事長として、再開発にも関わっています。

NPO法人まちづくり役場の理事

まちづくり役場は、1996年の大河ドラマイベント、北近江秀吉博覧会のあとに生まれたNPO法人で、長浜中心市街地のまちづくりの役割を担っています。

まちづくりマップを作ったり、京都大学、立命館大学などいろんな大学研究やインターンの受け入れをしたり、視察の受け入れをしたりして、ねむりはかせも講演することもしばしばです。

NPO法人ギャラリーシティ楽座の理事長

1987年長浜のまちづくり黎明期に、市民が集まって芸術版楽市楽座-アートインナガハマというイベントを始めました。芸術の青空市で、日本でも草分け的存在です。アートに似合う街にしたいという願いを込めて、このイベントを含めギャラリー運営などに取り組んでいるのがNPO法人ギャラリーシティ楽座です。

ねむりはかせは、アートインナガハマの会長を10年近く務めた後に、現在ではNPOの理事長をしています。

一般社団法人滋賀グリーン活動ネットワークの理事

寝具のグリーン購入に長く取り組んでいて、1997年にはグリーン購入大賞をいただいたこともあり、滋賀からグリーン経済を作る取り組みのお手伝いをしています。

つくる責任 つかう責任 私たちは低炭素社会づくりをめざして 寝具のグリーン購入、SDGs推進にとりくんでいます フランス・パリで、気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で、CO2削減をめざしての大枠の合意が得られました。...

ねむりはかせの趣味

ねむりはかせとコンピューター

昔から電気少年で、6石トランジスタラジオや5球スーパーラジオなどを作って遊んでました。大学の時に無線フリークだった同年の従兄弟が「マイクロコンピュータ」ってあるんやで、と聞き、当時学部のミニコン室に入り込んでFORTRANで遊んでいた(専攻は経営数学)ねむりはかせは、親父に「将来役に立つ」と金をせびって、1978年にTRS-80というパソコンを買い込みました。APPLEⅡ、PETなどアメリカ製のパソコンしかなかった黎明期です。神戸の星電パーツでバイトしながらPC8001とかMZ80Kとかベーシックマスターとか・・・売ってました。

いわゆるハッカー青年で、アーチェリーの部活はしながらも、夜はパソコンにのめりこみました。当時ASCIIというコンピュータ雑誌にインタープリターの記事を何回か載せてもらい、ちょっとしたカリスマでした。Z80CPUの機械語は16進で言えたぐらいに。ちなみに卒論は直列型待ち行列のコンピューターシミュレーションで、高速化のためにBASICコンパイラを使い、半月動かしっぱなしです。文系で卒論にPC使ったのはおそらく日本でも初めてだと自負しています。

当時マイクロソフトの日本法人は後にマイクロソフトの副社長になった古川亨さんと数名だったと思いますが、家業をほって入るわけにもいかず、以降、店の顧客管理システムやPOSシステムを作りながら、コンピュータは趣味で続けています。

DTPにのめり込んだのも当時で、Mac全盛時代(Si,Cx)にPC9801でWindows DTPを始めました。くそ高いPostScriptプリンタやら、A3が印字できるカラーインクジェットプリンタなど、今から思えば結構な散財です。何台買い替えたか記憶にありません。DOS/V時代になり、悪い癖が出て自作PCにこり出しました。今でもですが。

ねむりはかせとフランス車

というほどフリークではありません。最初に買ったのが2T-Gのカローラ・レビンGT、その次が4A-GのセリカGTなので、頭文字Dっぽいのですが、新婚旅行にパリの街角でシトロエンBXを見て惚れ込み、「壊れるでやめとけ」という忠告を無視して、買ったのが28の年。ハイドロニューマチックの乗り心地は別物です。

10年乗りましたが、さすがに後半は故障が相次ぎ、XM欲しかったけどUSアコードワゴン、子ども4人ともなるとMPVを二代続けたものの、60を超えて、やっと趣味でクルマが選べるようになりました。本当はハイドロのC5ブレークを探していたところ、DS5で2年落ち2,700kmという掘出物をみつけて、これに決定。中はBXの方がはるかにゆったり。

これもトラブル結構あるものの、シトロエンってそのつもりで乗らないと・・・娘のクルマはC3でこれがけっこうカワイイ。

創業130周年記念特別奉仕品をご用意しています詳しくはこちら