近江の麻で気持ちよく眠ろう

蒸し暑い夏に爽やかな、天然素材の麻

近江(滋賀)は麻のふるさと

近江上布と呼ばれたように、滋賀県は古くから麻が栽培されて特産品として名をはせました。特に、麻生地に皺(しぼ)をつけたものは近江ちぢみとして、人気を集めました。吸湿発散性に優れ、さらっとした寝心地は、蒸し暑い日本の夏に最適な素材といえましょう。

地元の麻を使って、地産地消のオリジナル寝具を

一般に麻の寝具というと大手メーカー製がほとんどですが、眠りのプロショップSawadaでは、地元中心に麻素材を手配して、これも地元にある麻わた加工の工場でオリジナル品を生産し、工場直送価格でお届けしています。

生地も毎年、地元メーカーのハンパ生地を安く手に入れて、本物をお値打ちにお届けしています。

ネットで購入できます キャッシュレスなら5%還元

店へお越しいただかなくても、オリジナルの麻寝具はネットからご購入いただけます。

Yahoo!ショッピングの方が特別奉仕品も含め種類が多いので、こちらがメインです。

楽天は商品数が少なくなります。

麻には種類によって寝心地が変わります。

涼しいのはラミー(苧麻)

麻にはラミー(苧麻)とリネン(亜麻)があります。最近はヘンプ(大麻)も増えてきました。日本の伝統的な麻はラミーです。シャリ感があって、涼感が高いのはラミー(苧麻)の寝具です。

さらっとして柔らかいリネン(亜麻)

リネン(亜麻)はヨーロッパで生まれた麻です。ラミーに比べて柔らかいのが特徴で、使える季節の巾が広いのが特徴です。麻のチクチクしたのが苦手という方も、細番手のリネンでしたら実にソフトな寝心地が得られます。

麻には多くの種類がありますが、衣料や寝具などにつかわれるのは主に3種類です。 ラミー(苧麻) 日本古来から使われてきた麻 ラミーは日本古来から使われてきた麻で「苧麻」、または「からむし」といいます。麻のイメージにある、少し硬めの...

麻の掛ふとんは丸洗いできるタイプを

かつての麻布団はカバーが必要なものがほとんどでしたが、麻の良さを活かすのであれば、麻のカバーが必要となります。眠りのプロショップSawadaでは、基本的に家庭で丸洗いできるタイプの麻の掛ふとんを用意しています。

麻の掛ふとんはこちらから ほとんどが涼しさ優先の近江ちぢみでできています。

「リネンの極意 linen-meister.com」 リネン麻の専門サイトをオープンしました 丸洗いできる本麻の掛ふとん(生地も中わたも麻) 麻は涼しい素材です。ただせっかく麻を使ってもカバーをする必要があるのでは、その...

麻の敷布団よりは丸洗いできる敷パッドの方がおすすめ

掛ふとん同様に、麻の敷布団よりは、吸湿発散性の良い羊毛敷布団などの上にパッドシーツとして直に使う麻敷パッドの方がおすすめです。

2020年モデルは、両面に近江ちぢみを使った最高峰の敷パッドをシングル~ダブルまでろ添えました。加えて、25/8という極厚リネン生地を使った本麻クール敷パッドがお値打ちになっています。

こちらは敷パッドの定番品です。

「リネンの極意 linen-meister.com」リネンのサイトをオープンしました 丸洗いできる本麻の敷パッド(生地も中わたも麻) 麻は涼しい素材です。熱を逃がして冷感があるだけでなく、汗の吸湿発散が早いので気化熱を奪...

アウトレット生地を使った限定特価品

枕パッドとセットになったお買得品もあります

年に一度、麻生地メーカーから出るハンパ生地を使ってお買得価格に 高騰を続ける麻ですが、年に一度麻生地メーカーさんからハンパ生地がでます。5mしかなかったり、数十メートルあるものまでいろいろです。今年は麻混生地を含め、かなりお買得な生地...

汗かきの方にぴったりな枕パッド

麻の敷パッドと同じ素材を使って枕パッドをつくっています。特に男性は汗かきの方が多く枕が汚れがちです。麻の枕パッドをすることで、汗をパッドに吸収することで、頭を冷やし、首筋の蒸れ感をなくします。

創業130周年記念特別奉仕品をご用意しています詳しくはこちら