Q:パワーアップとか、フレッシュアップ加工というのはどういうことなのですか?

しばしば羽毛布団には、メーカーによって異なりますが、パワーアップ加工、フレッシュアップ加工、バイオアップ加工などの表示がなされています。そこで謳われているのは「羽毛の本来の嵩をとりもどす」というような文言。ところが、同じメーカーの羽毛布団でも加工がなされていないものもあります。それも高級品ほど、カタログの上位バージョンになればなるほどパワーアップ加工がなされていない傾向にあります。

高級品には不要で、低級品に必要な加工なのでしょうか?どう違うのでしょうか?

そのヒミツは羽毛の輸入経路にある

羽毛布団に使われるグース(ガチョウ)やダック(アヒル)の羽毛はほぼ100%輸入品です。世界各国から輸出されますが、その中でもポーランドやハンガリーなどの産地は良質な産地とされています。

一方日本へ輸入される羽毛の80%は台湾、もしくは中国経由です。2016年5月に「羽毛布団の産地偽装が行われている」と新聞報道がありましたが、偽装の背景にはこのルートがあります。

羽毛ふとんの産地偽装とその背景について
フランス産と称する羽毛ふとんの多くが産地偽装であるという報道 5/7朝日新聞にフランス産羽毛の多くが産地偽装されているという報道がありました。業界では噂になっていたようで、自浄作用が働くのかどうか、興味を持ってみたいと思います。 ...

一般に羽毛の単純に考えれば、同じ羽毛をポーランドから日本へ直接輸入するのと、台湾や中国経由で買う方が1クッション入る分高くなるはずです・・・ところが

日本へヨーロッパ産の羽毛が入ってくるルート

その1 ヨーロッパで洗浄された羽毛が輸入される

当社のスリープウェル・カウフマン社の羽毛がこれに当たります。オーストリア・ブレゲンツの最新工場で洗浄・除塵・分別された羽毛、それも最高級の羽毛ですので、羽毛を圧縮せずそのままの状態で輸入されます。輸送コストはかかりますが、羽毛を一切傷めません。

 

↑カウフマンから入荷した羽毛。これで5kg 一箱に10kg入り ゆったり入っている

その2 ヨーロッパから原毛を輸入、日本で洗浄・分別される

当社が河田フェザーから購入している羽毛がこのタイプです。現地で一次洗浄・分別された原毛は日本で本格的に洗浄・除塵・分別がされます。羽毛は軽く圧縮されて当店まで入荷しますが、羽毛の本来の良さを損ねることはありません。

その3 台湾・中国の羽毛業者がヨーロッパから輸入して洗浄・分別を行ったものが日本へ輸入される

日本より台湾・中国の方が洗浄・分別コストが安いために、昨今の国産製造として販売される羽毛布団のほとんどがこのタイプです。側生地もほとんど中国製ですから、結局中国で吹込みを行っているか、日本で行っているかの違いです。

この場合、コストを下げるために洗浄・分別された羽毛はぎりぎりまで圧縮して日本へ送られてきます。下の画像のような状態です。

(注:下の画像はドイツのピーターコールの出荷風景です HPより)

約500kgだから、上のカウフマンと比べると50倍ぐらいに圧縮していることになります。当然このような状態で入荷した羽毛は、そのままの状態では膨らまないのです。そこで、スチーム等をあてて羽毛を開かすことによって元の状態に近いところまで戻します。

このサイトに紹介されています

  伊藤清商店自慢の最新羽毛パワーアップシステムをご紹介します。 大切な羽毛を高機能羽毛加工で、羽毛本来のかさ高を発揮させる、 最新のパワーアップマシンで、高品質の羽毛布団を製造しています。 パワーアップ加工システムとは 羽毛が輸入移送されるときは、大量に圧縮されて届けられます。 その圧縮された羽毛を、羽毛本来の品質...

結論:パワーアップ加工はほとんどが台湾や中国で洗浄・分別して入荷した羽毛に行われている加工。国内洗浄の羽毛には本来不要な加工

その1には上の画像のようにヨーロッパで圧縮して日本へ届くものも少なからずあります。しかしながら、日本で洗浄している限りパワーアップ加工は不要ということになります。現状台湾・中国からの羽毛輸入量が8割ということは、パワーアップを必要とする羽毛が実に多いのだということの証明にもなるのです。