再生エネ100%で作る羽毛ふとん-7月より本店・羽毛工房ダウンラボに再生エネ100%電力を導入します。

ハードマンズのリネン麻敷パッド

麻生地と麻わたを使った本麻クール敷パッド

当店のオリジナル品で高い評判をいただいている本麻クール敷パッド。2005年の最初のバージョンを発売以来、リネン麻や近江縮みのラミー麻など、さまざまな素材に挑戦しながら工夫を重ねてきました。

一番の特徴は、両面とも麻生地なので長く使える点、そして300g/㎡と、一般に作られている麻の敷パッドを5割多い麻わたを使っているので、生地と合わせて麻の量が非常に多く、吸湿性や涼しさをさらに向上させているのです。

新作Type31は、アイリッシュリネンの伝統ハードマンズ社リネン麻生地を使用

いままでは国産リネン麻やリトアニア産リネン麻生地を使ってきましたが、新作はちょっとゼイタクにハードマンズ社のリネン麻生地を使いました。厳密に言うとハードマンズ社の技術を使ったリネン麻糸を使って日本で製織・仕上げを行った生地です。

アイリッシュリネンの真実-ハードマンズ社のリネン
リネンを極めるサイト「リネンの極意」をオープンしました リネンの最高峰 アイリッシュリネンの現実 最高品質のリネン生地はアイリッシュリネンとして、アイルランドで生産されてきました。フラックスという植物(上の画像は北フラン...

贅沢にも両面使い、さすがのハードマンズ 抜群の肌ざわりの良さ

糸番手は麻40番手のシーツ向けのもので、リネン本来の生成フラックスの色=亜麻色です。一般に多い40番手の糸ですが、ハードマンズらしく、実にしなやかでやわらかい生地です。残念ながら、これも当店オリジナルとしてリトアニアで織った生地とは、仕上げの風合いが格段に違います。これも、糸の違いもありますが、生地の仕上げを地元滋賀の大長さんで行っているのも大きな要因です。

加工も地元の麻加工メーカーで

麻といえばもともと近江(滋賀県)の特産品です。麻わたを作るには高い技術が必要で、どこでもできるというモノではありません。麻わたと縫製加工も地元でも大会品質の工場で作っていただいています。

サイズはシングル、セミダブル、ダブル+枕パッド 全部で24枚限定

生地が貴重ということもあり、今回はシングル・セミダブル・ダブルの3種類サイズです。全部合わせて24枚程度しか仕上がりません。合わせて、枕パッドも作りました。

サイズ価格(税込)
シングルサイズ105×205cm25,300円購入はこちら
セミダブルサイズ125×205cm30,800円品切れ中
ダブルサイズ145×205cm36,300円品切れ中
枕パッド45×65cm4,950円購入はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました