ビラベック社の羊毛ベッドパッド・羊毛敷布団を洗うには?

ビラベック社の羊毛布団は通常は家庭で洗えません

日本の羊毛布団の多くがウォッシャブル加工がなされています。ウォッシャブル加工はウール表面のスケールというウロコを薬品等で取り除くことで、洗っても縮まないようにする加工です。

よくあるウォッシャブル加工のウールは吸放湿性が悪くなります

当たり前ですが、スケールを取り除いてしまうということは、ウールの持つ本来の良さを取り除くということです。吸放湿性能が低下します。

ビラベック社のウールは未加工なので、家で洗うときは注意が必要です。

ビラベック社のウール素材は未加工で、育てている環境もかぎりなくオーガニックに近い状態です。そのことがビラベックの羊毛布団の特徴なのですが、家で洗うと縮みます。失敗されたお客さまがいらっしゃいます。

基本的には専門のアクアジェットクリーニングができるクリーニング店にお任せください。

緊急で洗う場合はこのように

永年ビラベックに勤務されていて、友人関係にあったSoSanStyle寝室デザイン研究所の松本氏が家庭で洗う方法を紹介しています。

結構面倒なので、3~5年に1度の丸洗いはプロにお任せいただいた方が安心ですが、子どもがおねしょをした、という場合にはこの方法が使えます。

お家で布団のドライクリーニング。 洗えない表示のウールの布団のお洗濯を公開しちゃいます。 使う洗剤は「コスモドライDX」、天然系オレンジオイルのドライ洗剤です。 羊毛布団の洗濯は水によるつけおき洗いです。水を吸った布団は大変重くなりますので注意して洗濯してください。

あくまで自己責任でお願いしたいのですが、通常洗えないという真綿なども、このような方法なら洗えることが多いです。ドライクリーニングでは、中わたの汚れは取りきれませんので、このような方法が効果的です。

創業130周年記念特別奉仕品をご用意しています詳しくはこちら