ビラベックの天然ラテックスマットレス-ミルフィ

milfi_wolf_set

天然100%ラテックスマットレス

milfi_logo

ビラベック・ミルフィマットレス

ラテックスマットレスというと、もちろんヨーロッパでは以前より使われてきましたが、日本では最近になってポピュラーになってきました。日本人の体格に合わせてラテックスコアを10cmにして新しく生れたのが、ビラベック社のミルフィマットレスです。
いずれも天然ラテックスの良さを十分に味わうことができるのです。

ラテックスマットレスの特徴-それは正反発

巷にはテンピュールに代表されるような低反発マットレスや、マニフレックスにに代表される高反発マットレスがありますが、ラテックスマットレスの特徴を一言で言えば「正反発」。程よい反発と優れた体圧分散性を持った素材です。ラテックスとは天然ゴムの木から取れる樹液に発泡剤を加え、型に入れて熱を加えながらパンケーキのように発泡生成する天然100%のウレタンといえます。
下図のように、異なる重量を加えてもその中心線は一定です。背骨のラインを一定に保つ必要があるマットレスの素材としては非常に優れているのです。

ラテックスマットレスの特徴-耐久性と抗菌性

ラテックスマットレスのもう一つの特徴は、耐久性に優れているということです。一般的な使用方法では10年たっても変形はほとんど見られません。もっとも、全てのラテックスがそうではありません。ゴムの樹液の質が悪かったり、発泡剤の攪拌が十分でなかったり、発泡過程で手抜きをしていると、中空の部分、いわゆる「す」ができて耐久性を低下させます。その意味からも、品質の高いラテックスフォームメーカーを選ぶことはかなり重要といえます。この面から言えば、ヨーロッパのフォームメーカーには一日の長があるといえます。
一方で、紫外線に当たると分解することから、廃棄時にもゴミを出しにくいエコロジーな素材でもあります。

さらに驚くべきはその高い抗菌性能です。大腸菌・ブドウ球菌・MRSAなどの雑菌は全て24時間以内に殺菌するという天然の抗菌効果を持っています。それゆえに、ニオイが付きにくく、カビの発生もしにくいという利点があります。


ゴムの樹から樹液を取るところ

発泡生成されたラテックスフォーム

重量が違っても中心線は一定になるので
正しく身体を支えることができる


体圧分散図
上がラテックスマットレス 下が一般のマットレス

ちょうど良い厚さのしっかり感があるビラベック・ミルフィマットレス

しっかりめの10cmコアと7.5cmコアの2種類の厚さ、側生地には竹繊維を使用しています

ミルフィ・ラテックスマットレスはボディドクターの7.5cmコアに対し、同じ厚さの7.5cmタイプと33%厚い10cmコアの2種類を用意しました。側生地は竹繊維が入ったソフトなもので、身体のカーブを優しくサポートします。


シングル・セミダブル・ダブル

ボディドクターより厚めなので、横寝が楽
サイズ表示サイズ7.5cm厚 価格10cm厚 価格
シングル97×195cm82,080円91,800円
セミダブル120×195cm102,600円113,400円
ダブル140×195cm129,600円135,000円

ハンガリー生まれのウッドスプリング ミルフィ・エレメント

2015ハンガリーのBiotexima社を訪れた際に出会ったのが、ミルフィエレメント。

Relax社のナチュールフレックス・ウッドスプリングに比べると少しソフト目ですが、シンプルで硬さの調整もでき、折りたたみも簡単なので既存のマットレスの置き換えだけでなく、フローリングや畳にも使えます。

ミルフィマットレスの5cmタイプにビラベックの羊毛敷布団と組み合わせが最もバランスに優れます。

milfi-ws002 milfi-ws003

milfi_ws006

ミルフィエレメント シングル 86,400円税込 セミダブル 108,000円税込

ハードタイプもあります。仰向け寝中心の方はこちらがおすすめです。シングルのみ 86,400円税込

ミルフィマットレスの特徴と評価

オールマイティに使えるビラベックミルフィ

日本では老舗格ともいえる天然ラテックスマットレスボディドクターに比べると2.5cm厚い10cmラテックスコアを採用しています。このため、スノコやセンベラのウッドスプリング、ヒュスラーネストやリラックスなどのウッドスプリングなど、どの組合せでもそこそこ相性の良さを発揮します。組み合わせるベッドパットは、やはりビラベックの羊毛敷布団がいいようです。表面はソフトなので、表面の張りが欲しい方はハニカムシートと組み合わせて下さい。

寝心地によっては7.5cmタイプもお選び下さい。

ドイツ・ビラベック社の羊毛敷ふとん、羊毛ベッドパッド
誰もが認める気持ちよさ 世界で最初に羊毛ふとんを作ったドイツ・ビラベック社 良い羊毛を厳選し、自然のまま後加工せずに作る-極めてシンプルな考え方 ウールの質や製造方法、過程の品質管理のこだわりを説明するより、実際に横になってもらうこ...