最も楽に横向き寝できるマットレスの選び方

横向き寝すると肩や腰が痛くなります。解決方法は?

仰向け寝の場合は、背骨のS字カーブを支えるのが基本ですが、横向き寝の場合は、背骨が真っ直ぐな状態に保つことが重要です。ところがこれがやっかいです。上図をご覧ください。 肩(C)と骨盤のある臀部(E)の部分が出っ張っています。

硬い敷寝具で横向き寝をすると・・・手が痺れたり、肩がこったり

敷寝具やマットレスが硬い素材であった場合は(C)は落ち込まずに肩に圧力がかかります。肩にはかなりな体圧がかかるため、肩周辺の筋肉も身体をささえるべく緊張を強いられます。肩こりの原因にもなるのです。体圧がかかって血行が悪くなりますから、起きたときに手が痺れるのも当然といえましょう。背骨も(C)が上がりますからカーブして真っ直ぐになりません。(E)も同様で、逆に(D)の部分が浮く構造になります。

横向き寝は仰向き寝よりも出っ張り、つまり身体の段差が大きいので、これをうまく受け止める構造が必要です。

ヒトの体格は個人ごとに異なるので、それに合わせる必要があるため、単体のマットレスだけで解決するのは難しい

当たり前ですが、180cm90kgぐらいの、筋肉のある男性と 150cm40kgぐらいの細い女性では骨格構造が異なります。体格も違えば、基礎代謝量も違いますから、当然マットレスの選び方も変わってきます。 上図でいえば、マットレス単体でその差を対応しようと思うと無理がでてきます。1枚のマットレスで対応しようとすると、変形量が多くなりますが、その一方でその部分がへたりやすくなります。1枚単体のマットレスで横向き寝に対応するのは難しいのです。

横向き寝に最適なのは、ウッドスプリングとラテックスマットレスの組み合わせ

ウッドスプリングの最大の特徴は、体格や寝姿勢に合わせて身体の部位の硬さを調節できるという点にあります。身長が変われば腰の位置も変わります。それぞれの体格に合わせやすいのと、後からでも調節可能なのがウッドスプリングを使う最大のメリットです

ナチュールフレックス・ウッドスプリングの場合

 ナチュールフレックスウッドスプリングの場合は、中央部にある2本のサスペンションの巾を変えることと、その部分の板の厚さ(2種類)を換えることで、体格にあった硬さの調節が可能です。肩の部分の板を抜くことで、その部分をさらに柔らかくすることもできます。

詳しい調節等はこちら

快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaの快眠寝具研究室。自然素材だけで作られた、環境にも配慮されたオーストリア・リラックス社のナチュールフレックス ウッドスプリングは硬さを調節することで身体の寝姿勢を正しく支えることができます。天然ラテックスマットレスと組み合わせることで、ストレスの少ない眠りを得ることができます。

RELAX2000 ウッドスプリングの場合

RELAX2000ウッドスプリングの特徴は、ナチュールフレックスなどのスラット(板)を使ったタイプに比べ、上下のストロークが大きいこと、左右どのポジションでも同じ硬さを得ることができるという利点です。

このように、身体を支えることができるので、横向き寝には最も適したウッドスプリングといえるでしょう。

快適な睡眠を研究する快眠寝具研究室。オーストリアRelax社から直輸入している、天然で上質なウッドスプリングRELAX2000は、横向き寝にも最適で、ラテックスマットレスと組み合わせると雲の上に乗ったようなふんわりしたストレスの少ない寝心地が得られ、快適な睡眠を得ることができます。

ラテックスマットレスとの組合せが最適な理由

ウッドスプリングの上にはラテックスマットレスを組み合わせることで、さらに横向き寝にとってはストレスの少ない最適な組合せとなります。

ラテックスフォームは、中心線が一定となる

ラテックスマットレスに重さの異なるダンベルを載せても中心線は一定です。これが、ラテックスマットレスが「正反発」と呼ばれる最大の特徴です。 ウッドスプリングと組み合わせることで、寝姿勢を一定にできるのです。

ポイントサポートベッドとボディドクター・レギュラーとの組み合わせ

もう一つの最強 ジェルトロンマットレス

二層構造で体をやさしく支えるスーパーエクシードがおすすめ

ジェルトロン2レイヤー

横向き寝に最適なもう一つの最強マットレスはジェルトロンです。おすすめするスーパーエクシードは二層構造になっていて寝心地に優れています。 横向き寝に適しているのは、身体全体は、均等に支えながらも、肩など出っ張った部分は沈み込んで受け止めるからです。仰向き寝でも均等に支えられるので、どちらにも向いたマットレスといえるでしょう。

体格(身長・体重等)に合わせて6種類のパーツから選べる

ジェルトロンのパーツは3つに分かれていて、体格に合わせて6種類の硬さから選ぶことができます。後からパーツだけ交換することも簡単です。

抜群の体圧分散性と通気性。健常者も介護者にもやさしい国産ジェルトロンマットレスは身体を優しく支えるので腰痛にも良いと評判です。電動リクライニングベッドに最も適しています。

床面のカビ対策は入念に

キャビティーと呼ばれる、ジェルトロンのセグメントユニットを支えるのはウレタンです。上部は無膜ウレタンで通気性が良いのですが、下部は通常のウレタンのため、湿気がこもるとカビが生えやすい構造になっています。通気性の良い床面が必要です。

センベラのウッドスプリングベッドがおすすめ

センベラはドイツでポピュラーな簡易型のウッドスプリングです。ナチュールフレックスなどに比べると安価です。通気性が良いのと、ある程度硬さ調節ができるために、ジェルトロンにおすすめのベッドです。さまざまなタイプがあります。お問い合わせください。

PLUSウッドスプリング

  

これ以外の横向き寝マットレスのおすすめ

FLORI社 ポイントサポートベッド+ラテックスマットレス

構造的にはRELAX2000によく似たタイプで、これ自体がベッドになっていますのでベッドフレームを別途用意する必要はありません。床で使う場合は、脚をくみたてなければ床置きが可能です。

ビラベック ミルフィ・ラテックスマットレスやボディドクター ラテックスマットレスなどを組み合わせます。セットでお買い得になっています。詳しくはこちら

ドイツFroli社の硬さ調節可能なポイントサポートベッドに、片目でしっかりしたラテックスマットレスと、年間さわやかなオリジナルリネン麻付き羊毛ベッドパッドを組み合わせて、全国(北海道~九州 離島は除く)配送料無料にしたお買い得セットです。一人ぐらいに最適で、通気性が良いので快適です。ベッドの下には収納家具を置くことができます。

床敷用三つ折マットレス パンテーラ

12cm厚で横向き寝が楽なヨーロッパ発のマットレスです。これについてはWEB上に上げられませんので、お問い合わせください。

迷ったらメールでご相談、または 無料のWEB快眠カウンセリングを

メールinfo3@sleep-natura.jp にてご相談をお受けしております。 眠りのプロショップSawadaでは無料のWEB快眠カウンセリングのサービスを提供しています。寝具選びに迷ったら、まずはカウンセリングから

画像をクリックしてください
ねむりはかせの紹介

この記事は店主である「ねむりはかせ」が執筆しました。

快眠寝具の探求者。快適な睡眠を実現するための寝具を研究し実践をつづける通称「ねむりはかせ」で眠りのプロショップSawada店主。133年続く老舗寝具店の4代目。上級健康睡眠指導士等、睡眠の専門家でもあると同時に、寝具への深い造詣を持ち、独自の寝具づくりに取り組んでいる。

快眠カウンセリング 無料相談窓口

眠りのプロショップSawada(株式会社沢田商店)
本店・羽毛工房ダウンラボ
〒526-0052 滋賀県長浜市神前町9-11  TEL.0749-62-0057 10:00~18:30 火曜日定休
お問合せ・ご質問は info3@sleep-natura.jp まで

シェアする

フォローする

トップへ戻る