ベッドでウッドスプリングを使うメリット・デメリット

RELAXナチュールフレックス・ウッドスプリング

オーストリアRELAX ナチュールフレックス・ウッドスプリング

眠りのプロショップSawadaは30年近くに渡ってウッドスプリングをおすすめしてきました。あらゆる品がそうですが、メリットもあればデメリットもあります。また、ウッドスプリングと一括りにしてしまうのは問題で、さまざまなバリエーションがあります。

ウッドスプリングに興味があるが、不安もあるという方、じっくりとお読みいただいて、その長所と短所を理解していただければと思います。

ウッドスプリングは大きく3種類に分けられる

ウッドスプリングはヨーロッパ由来ですが、ヨーロッパにはさまざまなウッドスプリングがあります。大きく3種類に分けられると思います。

最近の金属スプリングのマットレスは、寝心地を追求するために非常に厚みがあって、重くなってきています。ウッドスプリングのマットレスシステムであれば、同じような機能をもっとシンプルに実現でき、しかもメンテナンスが容易となります。

A:スラット(板)を両端で支えるウッドスプリング

PLUSウッドスプリング

主に積層した合板で少し上に反っています。これを両端のエラストマーと呼ばれるしなりのあるユニットで支えるタイプです。ヨーロッパでは一般的なタイプで、日本でもセンベラやDorsalなど、さまざまなバージョンが出ています。

メリット:肩の部分は柔らかめに、腰の部分は硬さを調節できる

上図のように、肩の部分はスリットが入っていて、横向き寝時に方の出っ張りを受け止めるように柔らかく仕上がっています。

一方腰の部分はグリーンのスライダーを外側にすると硬く、内側にすると柔らかくなり、寝姿勢に合わせて、硬さを調節できます。

ウッドスプリングの種類によっては、硬さの調節機能がないスラットだけのものもあります。

デメリット:耐久性に問題があるのと、子育て世代にはおすすめできない

デメリットは耐久性です。両サイドから支えるために、長く使っていると中央部のしなりがなくなり、逆に反ったりします。このタイプのウッドスプリングは7~8年で交換するのがベストぐらいに考えてください。

新婚家庭や小さなお子様がいらっしゃる家庭にはおすすめできません。ダメといっても、小さなお子様は必ずトランポリンをしてしまいますが、中央部に非常なストレスがかかり、板が破損する原因にもなります。破損しなくても劣化が急激に進みます。

マットレスは15cm以上の厚さを推奨

中央部への荷重がかかるために、薄手(10cm以下)のラテックスマットレスは避けた方が無難です。ある程度マットレスで体圧を受け止めることができるように、ラテックスコアが12cm以上のマットレスをおすすめします。一方厚すぎるマットレスや、多層構造になったポケットコイルのようなマットレスは、ウッドスプリングの調整機能が活かされにくくなります。

B:スラットを両端と中央部で支えるウッドスプリング

ミルフィエレメント・ウッドスプリング Sawada特別バージョン

スラット(板を)両端だけでなく、中央部でも支える構造になっているウッドスプリングです。ドイツやオーストリアのメーカーが多く、ブナの板にラテックスフォームを使ったサスペンションで支えます。オーストリアRELAX社のナチュールフレックスビラベック社のミルフィエレメントが代表例で、ヒュスラーネストのリフォーマエレメントもこのくくりに入ります。

メリット:硬さの調節幅が大きい、長く使えて環境にやさしい

仰向け寝にセッティングしたナチュールフレックス

横向き寝向けにセッティングしたナチュールフレックス

製品によって異なりますが、上図(Relax社ナチュールフレックス・ウッドスプリング)のように、板の厚さやサスペンションの巾を調節することができ、A:タイプのウッドスプリングよりも硬さの調整幅が大きいのが特徴です。眠りのプロショップSawadaはこのタイプのウッドスプリングを推奨しています。

両端だけでなく中央部でも板を支える仕組みになっているので、長持ちするのも特徴です。通常使用であれば15年ぐらい使えるものも少なくありません。また、サスペンションの中に入っているラテックスフォームを交換したり、板を交換することで寿命をさらに伸ばすことができます。

ほとんどが天然素材でできているので、廃棄時にゴミが少ないのも特徴です。SDGs向けといえるでしょう。

ナチュールフレックス シングル×2 納品事例

組み合わせるマットレスはラテックスフォームがベストで。中のフォームが7cm~12cmぐらいの厚さのものがバランスが優れています。Airやムアツふとんなどのウレタンフォーム系のマットレスとも組み合わせが可能ですが、ウレタン系の場合はカビに要注意しましょう。

ボディドクターやSamina等、一部の製品では硬さの調節ができないものもありますので、購入時にチェックしましょう。

ボディドクターのウッドスプリング ノーマルでは硬さ調節ができない

デメリット:A:に比べて価格が高い

A:のウッドスプリングに比べると機能が高く、長持ちする分高価です。その反面、A:のように厚手のマットレスを用意する必要がないので、メンテナンスが容易です。ウッドスプリングとマットレスの合計価格と長持ち度で検討されるのがいいでしょう。

C:スラットを使わず、点で支えるウッドスプリング

オーストリア RELAX2000 ウッドスプリング

Relax2000ウッドスプリングに代表されるように、スラット(板)を使わず円盤などで、それぞれの場所を独立して支えることができるウッドスプリングです。ウッドではなくプラスティック製ですが、Flori社のポイントサポートベッドも同様の機能を持ちます。

ドイツFlori社 ポイントサポートベッド

メリット:左右どの位置でも硬さが一定になり、横向き寝はさらに楽

金属スプリングマットレスのポケットコイルに相当するのが、このタイプのウッドスプリングですが、種類はあまり多くありません。スラット(板)タイプに比べて、独立して支えるので中央でも両端でも硬さが一定にできるのが大きなメリットです。

スラットタイプよりも、上下のストローク巾が大きいので、特に横向き寝に向きます。

デメリット:B:よりもさらに高価

独立構造の分、パーツの量が増え高価となります。ポイントサポートベッドは単独でベッドとして使えるため、比較的にリーズナブル価格となります。

マットレスは10cm以上を推奨

支えるユニットが独立している分、8cm厚クラスのマットレスだと場所によって不自然にへこみます。中のフォームの厚さが10~12cmぐらいがおすすめです。15cmを超えるとウッドスプリングの機能が活かされません。