オリジナル羽毛布団側SB8080 新登場

眠りのプロショップSawadaオリジナルの羽毛布団用生地―SB8080

100番手の平織S9100に続く、眠りのプロショップSawadaオリジナルの羽毛布団用生地SB8080が1,000m仕上がってきました。当社の現在の定番品K9800に代わるもので、2021年9月からの、新シリーズに登場します。

軽くて通気性が良くてリーズナブル

羽毛布団用の生地として最適な条件は

  • 軽いこと(100g/㎡以下)―羽毛の膨らみを邪魔しない
  • 通気性が良いこと(2cc/s以上)―羽毛の呼吸を妨げない
  • 吸湿性が良いこと―綿100%がおすすめ
快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaの快眠寝具研究室。快適な羽毛布団のためには軽量で通気性の高い綿100%の生地が必要です。ドイツWeidmann社など羽毛を最大に活かす軽量で通気性の良い羽毛布団用生地を説明します。

そのため、眠りのプロショップSawadaでは、重量があり通気度が低いサテンより、軽くて通気度を高めることができる平織をおすすめしてきました。ドイツ製のTE270やTE200などはその典型です。

SB8080は超長綿80番手で重量94g/㎡、通気度2.6cc/s

重量のあるサテンと違い94g/㎡と軽量の綿100%の羽毛布団専用生地です。眠りのプロショップSawadaオリジナルは、通気度をベース生地2.1cc→2.6ccと20%以上向上させ、さらに、仕上げでシルクプロティン加工をすることで、肌にやさしい生地になっています。

特筆すべきは通気度で、2.6ccという、通常のサテン生地の2倍近い通気性の良さです。1グレード上のS9100は通気度3.5cc/sですが、SB8080はベーシックラインの生地なのでリフォームやダックダウンでの使用も考えて、2.6cc/sに仕上げました。生地が軽量であることもあり、乾きも早く、羽毛の呼吸を妨げません。

リーズナブルな価格は据え置き

シルクプロティン加工の分だけコストアップになりましたが、1000mロットで仕上げることで、コストを下げ、従来の80番手平織と同価格で提供いたします。

なぜ、眠りのプロショップSawadaはサテンをおすすめしないのか?

本場ドイツでは羽毛布団の生地といえば平織が大半です。ところが日本では風合いの柔らかいサテン織(朱子織)が長く使われてきました。サテンは確かに柔らかい仕上げになりますが、一般的な60番手サテンだと重量136g/㎡ 通気度 1.3cc/s程度、上級品と言われる80番手サテンでも重量114g/㎡ 通気度も1.5~1.7cc/s です。重い生地は羽毛の膨らみを抑え、生地に湿気を多く吸い込みます。

これは綿100%の場合ですが、廉価版の羽毛布団に多く使われるポリエステル混やポリエステル100%の側生地は通気度は0.7~1.1cc/s程度とさらに悪くなり、軽いものの蒸れやすい掛布団になりますので、睡眠には論外です。

実際に使うとその差が良くわかりますが、平織は最初少し生地が硬く感じられますが、軽くて通気性が良いために、生地の乾きが早く、寝床内の温湿度調節も素早くできます。サテンも80番手以上だとまだマシですが、それでも湿気の高い時期は生地が湿った感じが強くなります。

眠りのプロショップSawadaオリジナルの羽毛布団用生地は、通常の平織よりも柔らかめに仕上げていますので、生地の硬さも、直ぐに取れて身体になじむようになります。