羽毛ふとん一覧

ドイツ製などヨーロッパ製の羽毛布団のリフォーム(仕立て直し)

ドイツ製などヨーロッパ製の羽毛布団をリフォーム(仕立て直し)する場合には、通常のリフォームを行うと似て非なるものが仕上がってきます。綿100%で軽量で通気性の良い側生地を使うことが必要です。眠りのプロショップSawadaは通気性の良い軽い生地をいろいろ揃えて、自社ですべて羽毛リフォーム加工をおこなっています。

極上の眠りのための羽毛布団を極める

快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaの快眠寝具研究室。極上の眠りプロジェクトでは不眠を解消し、上質な睡眠を得るための極上の羽毛布団を紹介します。軽量で高い通気性の側生地を使い、ホコリの少ない絡みが強いグースダウンを使うことにより、手づくりで最適な羽毛の量を入れて実現します。

2018FW羽毛布団の新シリーズ・バージョンアップ

2018年秋冬物は昨年に比べて、羽毛の生地や原料、さらに製造を見直して改良を行いました。1.生地はすべて羽毛を活かす綿100%平織に 2.ダウン率98%のポーランドスーパープレミアムステッキーグースダウンを 3.レギュラーグースもポーランド産になどバージョンアップしています。

アイダーダウン並みの羽毛布団S91-CSST93

快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaがおすすめする、アイダーダウンかと見まごう絡みの強いカウフマン社のカナダ産ステッキーワイルドシルバーグースダウンを使い、オリジナル軽量・高通気度バティスト生地S9100を使った軽量極上の羽毛布団 シングルは10枚限定の特別価格です。

羽毛ふとんをリフォーム(仕立直し・打直し)をする際に気をつけること

羽毛ふとんのリフォームを失敗しないために何を気を付けなければならないのか?快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaではの体質に合わせて最適なキルティングと充填量をカウンセリングしながら、世界最高水準で行う羽毛布団のリフォーム(仕立て直し・打直し)を行います。滋賀県長浜市、彦根市、米原市で羽毛ふとんをリフォームするならここが一番です。

おすすめ羽毛布団その3 Z91-PST95N 超高通気度+訳ありステッキーグース

快適な睡眠を研究する眠りのプロショップSawadaがおすすめする極上の羽毛布団[Z91-PST95N]。9ccと抜群のオリジナル高通気度生地に、訳ありポーランド・ステッキーホワイトグースダウン95%に抗酸化遠赤外線ナノクリスタル加工を施したコストパフォーマンスの高い最上級の羽毛布団

ポーランド・マザーグース農場を訪れる(2018.1)

日本では何かと目に付くマザーグース。でも本当にそんなに多い量が採れるの?本当に本物? その事実を確認しに、ポーランドにあるマザーグース農場を訪ねました。その結果わかったのは、マザーグースは全体の2.5%程度しかいないということ。つまり流通量の97%はマザーグースでないレギュラーグースなのです。愛情を持って育てる農家の実態がよくわかる訪問でした。