初夏-5月ぐらいに快適な羽毛合掛けふとんの選び方

掛布団では暑い、肌布団ではまだ寒い初夏

新緑がまぶしく、暖かさと、じんわりを増えてくる湿度を感じる初夏、4月末~5月~梅雨入りまでの時期には合掛けふとんが合います。

中厚?合掛け?肌掛け? どう違うのか

合掛けふとんの厚さは、掛布団の約半分の羽毛量です。私どもでは羽毛の保温力を5段階で表示しております。一般的な掛布団は4 ●●●●○ ですが、合掛けは2 ●●○○○になります。

保温力の目安を知る 合掛けは10段階で4~5

私どもの羽毛ふとんは、保温力の目安を付けています。保温力が小さい ●○○○○ から 保温力が大きい ●●●●● まで5段階にしています。これでは大雑把なので、ここでは10段階で説明することにします。

保温力 表示 代表的な使用時期 キルティング 羽毛の量
1 ●○○○○ 薄肌:7~9月 7×9 直 200
2 ●○○○○ 肌:5~7月 9月 6×7 直or 2cm 300
3 ●○○○○ 肌:5~6月 9~10月 6×7 2cm 400
4 ●●○○○ 合:4~5月 9~11月 5×6 4cm 500
5 ●●○○○ 合・中厚:3~5月 9~11月 5×6 4cm 650
6 ●●●○○ 中厚:10~5月 5×6 7cm 800
7 ●●●●○ 普通厚:10~4月 5×6 11cm 900
8 ●●●●○ 普通厚:10~4月 変形5×5 7cm 950
9 ●●●●● 厚手:11~3月 変形5×5 11cm 1050
10 ●●●●● 厚手:11~3月 二層キルト 1100

キルティング A×B=キルトマス 直=直キルト XXcm=立体キルトのマチの高さ

代表的な使用時期については、あくまで目安です。使う人の体質・住んでいる地域の気候風土・寝室の陽当たり・断熱性通気性などによって、当然のことながら差がでます。

保温力は嵩高で決まりますので、充填する羽毛の量によって異なります。最適な充填量は生地の重量と、羽毛のパワーにもよって変わります。上の表は生地がオリジナルS9100(85g/㎡)にダウンパワー440dp(プレミアムゴールドラベルクラス)の羽毛を入れた場合の、当店の標準充填量です。これが80サテン(114g/㎡)で羽毛が400dpだと 保温力6の場合1000g必要です。

地域や住環境、体質によっても最適は異なります

例えば、太平洋岸の都市でマンションで暑がりであれば、肌掛けでも十分な場合がありますし、伝統的な日本家屋で寒がりの方だと、中厚まで必要な場合がありますので、あくまで目安でお考えください。

側生地の通気性と軽さが大きなポイント

ご存じですか? 羽毛布団の快適さを決めるのは生地だということを もし、羽毛ふとんの側がビニールだったら・・・ ビニールでは通気性が全くありませんから、たとえ最高級のアイダーダウンを入れていようが、ふとんとしての機能は大きく低下して...

このように、通気性が悪い生地を使うと蒸れやすくなります。昨今はポリエステル100%やポリエステル混防の羽毛布団が非常に多く(ウォッシャブルと付いている羽毛布団はほぼこのタイプで、通気性がかなり悪い生地を使っているものが多い)、湿度の上がる初夏には向いていません。

通気度はできれば3cc以上、最低でも2cc以上

私どもの生地でいいますとS9100(3.5cc)、K9800(2.1cc)あたりが、軽くて通気性も良い綿100%の生地です。

軽い生地をおすすめ

軽い生地は羽毛の量を減らして空気の量を確保できますので、空気の循環が生まれやすく、快適性がアップします。S9100(85g/㎡)、K9800(94g/㎡)が重量100g/㎡以下でおすすめです。一般の綿100%の生地で60サテンは135~140g/㎡、80サテンは114g/㎡がほとんどです。生地が地厚になると、水分をその分含んでしまうので軽い生地が良いのです。

合掛けふとん極上スペシャル+おすすめ3点

極上SP: TE270-56A-PPST98-SL 500g 253,000円

側生地 Weidmann TE270 超長綿120番手/150番手 69g/㎡ 通気度6.0cc/s 5×6キルト 4cmマチ立体キルト

羽毛 ポーランドスーパープレミアム手選別ステッキーホワイトグース ダウン95% 480dp 500g

超軽量でソフトなドイツWeidmann社の生地は柔らかさといい通気性といい最高級レベルです。これにポーランドの極上の手選別ステッキーグースダウン98% 480dpを組み合わせた、アイダーダウンを除けば最高級クラスの品です。

価格は 253,000円  お求めは Yahoo!ショッピングのこちらから

※暑がりの方は400gでもいいでしょう。この場合は6×7 4cmマチで仕上げます。価格は220,000円になります。

A: S91-56A-PST95N-SL 500g 117,700円

側生地 S9100 マハール超長綿100番手 85g/㎡ 通気度3.5cc/s 5×6キルト 4cmマチ立体キルト

羽毛 ポーランド手選別ステッキーホワイトグース ダウン95% 430dp 500g

オリジナルの軽量羽毛生地は軽くて通気性が良く最適です。これに、限定品のポーランドステッキーホワイトグースダウンを500g入れました。ダウンボールの粒が大きく、非常にホコリが少ない羽毛なので、おすすめです。ダウンパワーこそ430dpですが、ダウンの粒ぞろいは440dp並みです。

価格は 117,700円  お求めは Yahoo!ショッピングのこちらから

B: S91-56A-PWG93S-SL 550g 86,900円

側生地 S9100 マハール超長綿100番手 85g/㎡ 通気度3.5cc/s 5×6キルト 4cmマチ立体キルト

羽毛 ポーランドホワイトグース ダウン93% 430dp 550g

オリジナルの軽量羽毛生地は軽くて通気性が良く最適です。

通常ならマザーグースといっても通るぐらいの良質なホワイトグースダウンを550g。

価格は 86,900円  お求めは Yahoo!ショッピングのこちらから

C: K98-56A-FPD93S-SL 600g 43,120円

側生地 K9800 超長綿80番手 94g/㎡ 通気度2.1cc/s 5×6キルト 4cmマチ立体キルト

羽毛 フランス・ピレネー・ホワイトダック ダウン93% 400dp 600g

80番手で軽量平織生地で、通気度も2cc以上あり、コストパフォーマンスに優れています。

身体の大きなミュラー種のダックダウン。ダックながらダウン率はネット93%、ダウンパワー400と下手なグースダウン顔負けの原料です。

価格は 43,120円  お求めは Yahoo!ショッピングのこちらから

5月は決算セール 麻寝具や羽毛布団等が割引になります詳しくはこちら