Q:マットレスの体圧分散って本当はどうなんですか?

mat%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

マットレスの性能の一つとしての体圧分散とは

体圧分散とは、睡眠時に身体にできるだけ圧力を分散させて支えることのできる性能です。マットレスメーカーの説明には上図(これはマニフレックスの説明から)のように、均等に身体を支える図式がしばしば使われます。

なぜ体圧分散が必要なのか?

もともと木綿わたの布団で眠る日本人には、ふかふかのふとんは腰に悪い、硬く薄くなったせんべい布団の方が身体に良いといわれてきました。その理由は

sleep-system01

柔らかい布団やマットレスに寝ると腰が落ち込んでしまい、腰痛などの原因になるためです。その為敷寝具は硬いのが良いとされてきました。1980~1990年に固わたが非常に普及した背景にはこのような理由があります。京都西川のローズラジカルなどは、へたりにくい硬い布団として一定の評価を得ていたのです。

硬いだけでは身体に負担がかかるので体圧分散を

ところが硬い布団で寝ると、身体の出っ張った部分に無理な力がかかります。加えて高齢化が進むにつれ、筋力は低下していくために身体を支えきれなくなる方が増えてきました。

sleep-system03

上図のように、特に肩甲骨と臀部にかなりの荷重がかかることが判ります。横向き寝の場合はさらに肩の出っ張りに多くの力がかかります。できるだけ一カ所にかかる圧力を分散した方が身体へのストレスが少なくなることは自明ですね。これが体圧分散です。

低反発ウレタンの登場が体圧分散を加速

NASAの宇宙開発の中で、おそらく宇宙飛行士の身体にかかるGを軽減するために開発されたヴィスコエラスティック・フォーム、一般的には低反発マットレスと呼ばれますが、体圧分散性が良いので話題になりました。メモリーフォームと呼ばれるぐらい、身体の形に変形して密着度が高いものです。テンピュールやトゥルースリーパーに代表されます。

%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0

そして体圧分散図がはびこることに

BodyDoctorPressure

これはボディドクターラテックスマットレスの説明ですが、このような図はしばしば目にしたことが多いかもしれません。低反発素材だけでなく、高反発素材を謳うマットレスなどもこのような説明をしています。たしかに体圧分散した方が身体には良いのです。

体圧分散性能を向上させるには

実は体圧分散性能を上げるのであれば、表面が柔らかい敷寝具を用意すればいいのです。低反発ウレタンなどもその1つですが、柔らかい敷寝具だけだと、一番上の図のように腰が落ち込み寝姿勢が崩れやすくなります。

ジェルトロン

ジェルトロンはミネラルオイルをベースにしたジェルを立方体構造にしたものです。知る限り最も体圧分散性能に優れています。特に下の画像にある二層式のタイプが最も体圧分散が良いものです。

中は空気なので、変形に伴って空気が入れ替わるという、極めて通気性が高い素材です。介護の現場でも、褥瘡(床ずれ)が起きにくいマットレスです。腰痛のお客様にも高い評価を経ています。丸洗いできるのも特徴です。

マットレス、オーバーレイマットレス、枕、座布団などがあります。

ウォーターベッドの寝心地を簡単に実現した、ミネラルオイルから生れたジェルブロック ベビーオイルなど安全なミネラルオイルをポリマーにして生れたジェルトロン しかも洗える ジェルトロンの立方体二層一体構造の原料は安全なベビーオイ...

ラテックス

天然ゴムを発泡して作られるラテックスフォームは、高反発と低反発の中間で非常にバランスの取れたマットレスです。しばしば正反発と呼ばれます。

体圧分散性に優れる一方で、寝返りも打ちやすい反発性も持っており、廃棄時に環境負荷が低いエコロジーなマットレスです。抗菌性や耐久性にも優れていますので、眠りのプロショップSawadaでは、主にラテックスのマットレスをおすすめしています。

低反発ウレタン

体圧分散マットレスの先駆けとして登場しました。体圧分散性能は良いのですが、蒸れやすい、寝返りがうちにくい、温度で硬さが変わる、変形量が多いのでへたるリスクが高い、などの問題があり、眠りのプロショップSawadaではおすすめしていません。

低反発ウレタンは蒸れやすい

上の図でも判るように、体圧分散が過ぎると身体とマットレスの間に隙間がなくなってしまいます。ヒトは一晩に200~600ccの汗をかきます。それも多くが背中からの発汗です。湿気は行き場を無くして、蒸れて不快感が増大します。それを防ぐには吸湿発散に優れたベッドパッドなど、湿気を調節するしくみが必要です。

テレビや新聞で広告されている低反発マットレスを買ってみたところ、蒸れて寝苦しいのですが? 日本にテンピュールが紹介されて20年ほど経ちます。NASAの宇宙開発の中で、おそらく宇宙飛行士の身体にかかるGを軽減するために開発されたヴィスコ...

低反発ウレタンは寝返りがしにくい

適度な寝返りは睡眠にとって必要なものです。寝返りをするには、マットレス表面にある程度の張りが必要です。低反発ウレタンは身体のカタチに沿って変形するために、逆に寝返りが打ちにくくなるのです。

体圧分散だけでは、快適なマットレスは語れない

温湿度を調節するためには天然素材のベッドパッドが必要

実際にはマットレスだけでなく、上に敷く敷パッドとの組合せにより体圧分散や温湿度調整の性能が異なります。一人一人に合わせた選択が必要なのです。

テレビのCMなどでも多いのですが、マットレスの上にシーツをかけて、そのまま使って下さいといわんばかりの映像をしばしば見ます。実際にお客様とお話ししていても、上の画像のような本当のベッドパッドと、同じように四隅がゴムになっていて、しば...

正しくマットレスを選ぶには

要は体圧分散が全てではありません。マットレスに要求される6つの性能をバランス良く満たすことが、快適な睡眠につながるのです。

ベッド用のマットレスに求められる6つの機能とは ベッドのマットレスを選ぶときに、「体圧分散」「寝返り」などの機能がありますが、大切なことは睡眠時身体にストレスを与えないように、必要な機能のバランスを取ることです。 ベッドのマット...

あなたに合うマットレス選びは快眠カウンセリングから

寝具を正しく選ぶには、カウンセリングが必要です。体格、体質、生活習慣、寝姿勢、気候や部屋の温湿度等によって変わります。眠りのプロショップSawadaでは無料のWEB快眠カウンセリングを提供しています。

創業130周年記念「春祭」を開催中 3/20~5/31詳しくはこちら