高反発マットレスと低反発マットレス どちらが良いんでしょう?

201409

ページの目次

低反発マットレス vs 高反発マットレス 一言で言うと

低反発マットレスの特徴=ソフトで体圧分散が優れているので、硬い敷ふとんの上に敷くと楽になります。その一方で、身体を支える力が弱いので寝姿勢がくずれやすく、反発がないので寝返りがうちにくいのが欠点です。通気性がなく蒸れやすいので特に男性には不向きです。変形が大きいのでへたりやすい傾向にあります。

高反発マットレスの特徴=表面の反発があり、全般的に硬めで跳ねる感じ。寝姿勢はくずれにくく、寝返りは打ちやすい。体圧分散性能は素材によって異なる。一言で言えば従来の硬質マットレスの延長で素材を改善したもの。

使う人によって評価は異なって当たり前

どちらが良いか、という問題は「使う人にとってどちらが良いか」ということですから、人によって評価は異なります。それぞれの素材には長所と短所がありますから、特徴を踏まえながら実際に試して選ぶのがベストです。

低反発タイプは体圧分散が良いが・・・蒸れて寝返りがしにくい

⑥ボディドクターグラフティー

このような、体圧分散図はどちらかというと低反発素材に多くみられます。確かに特定の部位に圧力がかかるよりは分散したほうがいいのは事実です。低反発ウレタンはNASAの宇宙開発の中で生まれた素材ですので、打ち上げ時などの荷重Gがかかる場合に、ヒトにかかる負担を軽くするなどの目的で開発されたのだと思われます。

硬めの敷ふとんやマットレスに寝ていて、痩せていたり筋肉量が少ない方には、低反発マットレスを重ねることで楽になります。

その一方で、通気性は良いと喧伝されていますが、身体に密着して蒸れやすく反発が少ないので寝返りがうちにくく、夏は柔らかく冬は硬くなるので寝心地が一定しません。

しばしばマットレスの性能をアピールするのに使われる「体圧分散」。低反発マットレスでも、高反発マットレスでも説明されることが多いのですが、体圧分散とはどういうことなのか、睡眠にとってなぜ必要なのかを説明します。これを理解すると、正しいマットレスの選び方に一歩近づきます。

高反発マットレスはあまりに種類が多く、ひとくくりできない

低反発以外のマットレスはひとくくりにして高反発マットレスと呼ばれることも多く、実に多くのバリエーションがあります。エアーウィーブやブレスエアーなどの網状立方体も高反発マットレスに類されることもあり、高反発マットレスだから良いという単純なものではありません。大切なことは、「自分に合ったマットレスやベッドパッドなどとの最適な組合せを選ぶ」ということです。

低反発マットレスに比べると高反発マットレスは体圧分散の面からは劣るのですが、しばしばマットレスのPRで、高反発素材でも体圧分散が良いと喧伝されます。実際のところ、表面が柔らかい布団なら体圧分散は改善しますので、これだけで優劣を判断するわけにはいきません。

仮の結論:低反発マットレスは避けた方が無難

単純に、低反発マットレスと高反発マットレス どちらを選べばいいですか?という答えには「低反発マットレスは避けた方が無難」でしょう。

それでは高反発が良いのかといわれるとそうではありません。マットレスの正しい選び方をまず理解しましょう。

マットレスの正しい選び方

快適な睡眠を得るための、寝具の選び方を理解する

まず、快適な睡眠を得るための知識が必要です。その上で、寝具の選び方を理解しましょう。

睡眠を改善するための3つの方法 睡眠が十分に取れていない、不眠である、寝付きが悪い、夜中に目が覚める、寝起きがつらい、日中眠くなる・・・さまざまな睡眠の問題を抱える方が増えています。睡眠不足は精神的なストレスが増えるだけでなく、身体の...

マットレス選びに必要な3つの要素を理解する

次に、マットレスを選ぶ上で重要な3つの要素を理解しましょう。全ての基本はこの3つにあると言っても過言ではありません。

  1. 背骨を自然なカーブで正しく支えること(仰向け寝・横向き寝)
  2. 適度な体圧分散と寝返りがしやすい適度な反発性
  3. 寝床内温度33℃湿度50%をキープする
自分に合うベッドのマットレスとは? 自分に合うベッド用マットレスはどのようにして選べばいいのでしょうか? 仰向け寝中心か、横向き寝中心か 体格や体重はどの程度か 体質は、寒がりか暑がりか、あるいは両方か そ...

自分に合うマットレスの選び方は?

寝姿勢の違い- 仰向け寝 と 横向き寝

体質の違い- 暑がり と 寒がり と 暑がりで寒がり

睡眠のトラブル- 腰痛 肩こり 寝入りが悪い 夜中に目が覚める 熟睡感が無い

体質や体格も含め、人それぞれですから、他人が良いというものが自分に合うとは限りません。自分に合うマットレス選びをすることが重要です。

まず快眠カウンセリングで現状分析と提案を

性別、体格、体質(寒がり、暑がり等)、寝姿勢等によって最適なマットレス選びは変わってきます。まず専門のカウンセリングを受けることで、問題点を洗い出し、解決の方向性を見いだします。

眠りのプロショップSawadaでは、WEB快眠カウンセリングサービスを無料で提供しています。

あなたにとって最適な寝具選びを無料ご相談いたします。 眠りのプロショップSawadaでは、快眠カウンセリングと快眠フィッティングによって、睡眠を改善し、不眠を解決するための寝具を選びをサポートしています。本当はご来店いただくのがベストです...

マットレス単独で良し悪しを論じない

ベッドパッドやウッドスプリングなどを組合わせて評価をする

マットレスの良いところだけを、どこのメーカーさんも一生懸命話をされます。テレビ通販などでも、このマットレスさえ使えば全ての問題は解決するといわんばかりです。

しかし、本当にいいかどうかはベッドパッドやウッドスプリング等を含めて総合的に評価することが大切です。使い始めの評価は高くても、へたりが早いというマットレスもあります。耐久性も重要な評価ポイントです。

ビラベックの羊毛ベッドパッドや羊毛敷布団は、これ一枚で寝心地が変わる、とお客様より非常に高い評価をいただいていますが、これも厚みとマットレスとの組合せで最適な組合せは変わってくるのです。

重要なことは全体のバランスです。単独の素材を評価しても限界があるのです。

忘れ去られた温湿度調整の大切さ

マットレスの上にシーツだけという説明が多いのですが、正しくありません。高反発でも低反発でも、多くのマットレスの説明ではマットレスの上にシーツを敷いて直接眠るという説明がなされます。しかし、快適に眠るための温湿度調整が抜けていることが多いのです。

ヒトは背中に最も汗をかきます。最適な睡眠環境温度33℃湿度50%を実現するには、この汗を素早く吸収し発散することが求められます。そして何より大切なのは、肌が気持ちが良いと感じられる素材であること。だから、マットレスの性能もありますが、実際には温湿度をうまく調節できるベッドパッドの質が睡眠の質を大きく左右します。

また、ウレタンは加水分解する傾向にありますから、汗を直接吸わせるよりは、その前にベッドパッドで吸収させておいた方がいいのです。

温湿度調節に最適なのは、羊毛わたのベッドパッドや敷布団

羊毛(ウール)は吸湿性が綿の倍、放湿性は10倍といわれます。多層構造で汗を素早く吸収発散します。繊維がクリンプ(カール)しているので、ふんわり感はありませんが、敷寝具として温湿度調節をするにはベストの素材です。

眠りのプロショップSawadaでは羊毛ベッドパッド、羊毛敷ふとんの使用がベストだと考えています。キャメルやカシミヤなどの獣毛も同様の機能があります。

素早く吸って、発散することで湿度をコントロールする

素早く吸って、素早く発散。このために最も適した素材はウール それと 麻です。生地も吸湿発散性を素早くするためにニット生地のほうが、10倍以上通気性が良く、素材の良さを生かします。

これらを極めていったのが、片面にリネン麻を付けた当店オリジナルのドイツ・ビラベック社の羊毛ベッドパッド、羊毛敷ふとんです。ビラベック社は世界で初めて羊毛布団を作ったドイツ屈指の伝統あるメーカーですが、当店オリジナルバージョンは夏は麻面で熱を逃がし、冬はニット面で体をやさしく包んで保温力を高めます。実際、お使いいただいたお客様の評価が非常に高く、リピート率も非常に良いベッドパッドです。

もちろんシーツは必要です。綿100%か、汗かきの方はリネン麻をおすすめします。

間違いだらけのベッドパッドの選び方 私どもの無料の快眠カウンセリングでお問合せをいただくお客さまを見ていますと、本来の目的に合ったベッドパッドを使っていないケースが非常に多いのです。 1.マットレスの上にシーツだけを敷いて使う ...
誰もが認める極上の寝心地と快適さ 世界で最初に羊毛ふとんを作ったドイツ・ビラベック社 良い羊毛を厳選し、自然のまま後加工せずに作る-極めてシンプルな考え方 ウールの質や製造方法、過程の品質管理のこだわりを説明するよ...

麻敷パッドを使って、蒸し暑い日本の夏を快適に

夏は熱伝導性が高く、吸放湿性の良い麻が最適です。さらっとした寝心地になります。

「リネンの極意 linen-meister.com」リネンのサイトをオープンしました 丸洗いできる本麻の敷パッド(生地も中わたも麻) 麻は涼しい素材です。熱を逃がして冷感があるだけでなく、汗の吸湿発散が早いので気化熱を奪い涼感を...

汗取りパットシーツは、実は汗を十分に吸うことができない

「よく売っている四隅にゴムが入っている汗取りとかのパッドシーツでいいんじゃないの?」という方がいらっしゃいますが・・・一般によくあるパッドシーツは中わたがポリエステル100%がほとんどで吸湿性は期待できません。たまに綿や麻が入っていることがありますが、それでもコップ1杯、夏なら2~3杯という汗を吸うことは到底むりなのです。吸湿性の良いウールでも1.5㎏程度の中身は必要だと考えます。

正しい寝姿勢には、ウッドスプリングとの組み合わせが最適

ウッドスプリングはヨーロッパ生まれ、硬さを調節する機能があるために、自然な寝姿勢を得ることができます。マットレスの下に使って組合わせます。

RELAXナチュールフレックス・ウッドスプリング

オーストリアRELAX社製 ナチュールフレックスウッドスプリング

快適なマットレスは実は単独だけで使うより、寝姿勢を整えることができるウッドスプリングと組み合わせた方が機能的です。仰向け寝、横向き寝に合わせて部分的な硬さを調節することでストレスの少ない寝姿勢に整えることができます。

厚手のマットレスを1枚にするより、ウッドスプリングと8~12cm位のマットレスを組合せた方が良いと眠りのプロショップSawadaは考えます。

ウッドスプリングを使うと、マットレスの耐久性もアップする

さらに体重の負荷がマットレスとウッドスプリングに分散されます。後から部分的な硬さを調節することができるため、寝心地の変化が少なく、耐久性もアップします。

ウッドスプリングとは ウッドスプリングは主にヨーロッパで使われている、木とラテックスフォームを使ったサスペンションの組合せで背骨や身体が自然な寝姿勢を得られるように調節することができるものです。 なぜウッドスプリングなのか もとも...

店主のおすすめは正反発-天然ラテックスフォーム

ラテックスマットレスは寝心地のバランスが優れている

ラテックスフォームは天然ゴムの樹液を発砲させて作ります。上質の原料と、丁寧な発泡プロセスが必要ですが、高反発でも低反発でもない程よいバランスの体圧分散性能、重量が変わっても中心部を水平に保持できる保持性にあります。

下図を見てください。それ故に最も寝姿勢を自然な状態で保持できると考えられます。低反発・高反発を含めた中では、寝心地のバランスが最も優れていると云えるでしょう。天然素材で生分解性(土に還る)という、環境への負荷が少ないこともあり、店主はラテックスフォームをおすすめしています。

BDY-TEST1

140120-116

耐久性にも優れている

ウレタンなどに比べると高密度ですので、比較的にへたりにくい素材です。ただ、低級なラテックスフォームは中身にむらがあることが多く、ラテックスならなんでも、という訳ではありません。なお、ラテックスは本来天然100%ですが、合成ラテックスもあり、20%混合までは天然ラテックスと表示できますので、注意してください。

ラテックスの問題点

欠点は重いことで、それも密度が高いほど重量が増えます。毎日上げ下ろしをするというわけにはいきません。アジアで作られたフォームの中にはゴムの匂いがするものがあります。使用とともに気にならなくなりますが、ヨーロッパで作られたフォームは匂いがほとんどないので、匂いを気にする方はヨーロッパ製をおすすめします。

マットレスは耐久性も大きな選択ポイント

マットレスを決める一番重要な要素は、硬さや反発力などの寝心地です。これは人によって好みがことなります。一方、できるだけ快適に長く使うためにも、耐久性も重要です。正直へたらないマットレスはありませんが、素材の選び方やウッドスプリングとの組み合わせによって長く使うことができます。

密度が低いウレタンなどの一枚物のマットレスは、へたりやすいので注意

既存の敷ふとんやマットレスの上に敷くという3~5cm厚程度のマットレスがしばしば登場します。オーバーレイマットレスと呼ばれます。このタイプに限らずウレタンなどを使った比較的軽量なマットレスは一枚物であることが多いのですが、実際に使うと密度の低い素材の一枚物マットレスは「へたり」のリスクが高いのです。ラテックスのような密度の高い素材の方が寝心地も耐久性もおすすめです。

上図のように、臀部には全体重の半分近くがかかります。つまり、使っている内にこのお尻の部分が一番へたりやすくなります。低反発ウレタン・高反発ウレタン、ブレスエアー、エアーウィーヴやE-coreのようなポリエチレン系素材等、密度の低い素材は、どのようなものでもへたってしまいます。一度中央部がへたってしまうと、寝心地は元に戻りません。へたりにくいといいわれるラテックスなどでも一定のへたりはでるのです。

低密度素材はローテーションができる三つ折タイプにする

一枚物のマットレスは中央部=臀部がへたってしまうと、機能を果たさないという大きな問題があります。私どものオリジナルマットレスである、3レイヤーマットレスⅢは中を三分割にして、ローテーションやパーツ交換によって長く使えるようにしています。

ムアツふとんや整圧ふとんも三つ折タイプを選びましょう。3ヶ月ほどでローテーションすることで、寝心地を保ち、長く使えるようになります。Air・エアウィーヴ等にみられる一枚物は、数年単位で買い替えるのでなければ、できるだけ避けた方がいいでしょう。

××年保証には注意する

マニフレックスのマットレスには10年、12年保証が付いており「10年使えます」と謳って販売しているところもありますが、これについては正しく理解する必要があります。保証されるのは「変形保証」で「弾性保証」ではありません。変形保証は型崩れなど、例えば最初は14cmあったものが12cmになってしまったという場合ですが、実際にこれが生ずることはあまりありません。

一方弾性は変化します。いわゆる「へたり」で、これはあらゆる敷寝具には避けることができません。つまり見た目では変化が無いけれども、弾性が低下すると、実際に寝た場合に一番重い腰部が重量で沈みます。弾性変化とは反発力が低下して、沈み込み方が変わることです。ほとんどのマットレスは弾性変化に対する保証はありませんので、10年保証といっても、実際に年数が経つと、へたったと感じられますから、あまり保証年数にこだわらないことです。

耐久性の根拠になっているJISやLGAの8万回1/2変形テストは、あくまで目安です。通常のウレタンであれば、このテストは95%以上の成績を楽々クリアするはずです。

へたり対策は マットレスの変形量を減らすこと

低反発ウレタンがへたりやすい原因の一つに、変形量が多いということがあります。体重をかけて、元の嵩より20%変形するマットレスと、50%変形するマットレスを比べると、当然50%変形するマットレスの方がへたりが大きくなります。体重が重いとその傾向はさらに強くなります。

まとめ1:低反発マットレスの長所と短所

低反発ウレタンはテンピュールやトゥルースリーパーなどに代表されます。アメリカNASAの宇宙船の研究から生れたヴィスコエラスティックフォームを使ったマットレスです。特徴は体圧分散性が良いことです。

蒸れやすく、寝返りがうちにくく、へたりやすい

欠点は重いことと、通気性が悪く蒸れやすく、寝返りが打ちにくい傾向にあるということです。低反発ウレタンはメモリーフォームともいわれるように、身体のラインに従って変形します。この結果、身体に密着することになり、身体から発散される汗の吸湿発散が著しく妨げられるために蒸れが大きく寝苦しくなりがちです。

カタログには、しばしば「オープンセル構造で通気性が良い」と表示されています。確かにオープンセル構造は通気性が良いのは事実ですが、かといって風が通るようにさらっと爽やかか、というと随分違います。実際にはウレタン系は通気性は弱いと考えてください。この点に関しては、中が中空の金属コイルに対する最大の欠点です。

また、低反発ウレタンは温度で硬さが変化するために、冬は硬く夏柔らかくなりますが、これも寝心地の面からいうと芳しくありません。蒸れやすいという最大の欠点と、寝返りしにくい点、耐久性に不安があるために、眠りのプロショップSawadaでは低反発ウレタンについては否定的な考え方を持っています。ホテルのような温湿度が一定に保たれる場所ではいいかもしれません。

低反発ウレタンはマットレス素材の変形量が大きいため、へたりやすい

身体のカタチになるぐらいに、大きく変形しますので、低反発ウレタンはへたりやすく、耐久性に問題をかかえています。

まとめ2:高反発ウレタンの長所と短所

高反発ウレタンはマニフレックスなどが代表的です。エアーウィーヴやブレスエアーなどの非ウレタン系素材のマットレスも高反発で括られることが多いようです。

実は、わざわざ高反発と書くまでもなく、一般的に出回っているウレタンマットレスは高反発がほとんどです。低反発やラテックスに比べると、マットレス表面の弾性が高く体圧分散性能は高くありません。硬質ウレタンよりは密度のわりにはソフトですが、寝心地は硬いというのが一般的な印象でしょう。そのため寝返りが打ちやすいという長所があります。軽いので、マットレスを畳んだり動かしたりするのが容易です。

凹凸のあるプロファイルタイプ

ムアツふとんやAIRのように、表面に凹凸を付けて点で支えるタイプもあります。フラットなタイプに比べると通気性は向上しますが、これも使う人によって好みが分かれます。凸の部分が快適かそうでないか評価が二分します。使用しているウレタンの種類によっても寝心地が変わるため、実際に試してみることが必要です。

カビには要注意

ウレタン素材のマットレスは底面がフラットなものが多く、特にフローリングで使用する場合はカビのリスクが非常に高くなります。特に通気性が良いといわれるオープンセル構造のウレタンほど、湿気が下へ行きやすいため、基本的に敷きっぱなしは止めましょう。

寝具のカビは1~2月に多いのはなぜ? 毎年1~2月に、特に敷寝具やマットレスからカビが生えたとご相談を受けることが多くあります。ご購入時には、カビ防止については念入りにご説明させていただいているのですが、それでも対策をうっかり忘れてという...

エアウィーヴやブレスエアーなどのいわゆる中空系高反発素材は有効か?

高反発といわれる素材にはエアーウィーヴやブレスエアーなど、網状立方体の素材があります。がこれについてはこちらから。ウレタン素材に比べるとへたりやすいです。

快適な睡眠を研究する快眠寝具研究室。睡眠の質を改善する自然素材のオリジナル寝具や羽毛布団、ベッド、マットレスなどの選び方を紹介。エアーウィーヴやブレスエアーなどの網状体マットレスの有効性や評価について
比較的お気に入りの宿なんですが 社員研修旅行で石見・出雲へ行き 、ドーミーイン出雲に宿泊した。比較的手頃な価格で、温泉大浴場があり、ビールや夜鳴きそばのサービス、部屋も広めで、私自身も評価の高いホテルチェーンである。この出雲のホテルは開業...

実際にどのようにマットレスを選べばいいのか

まず快眠カウンセリングから

マットレスは使う人の寝姿勢や体格など個人差があります。自分にとってベストのマットレス選びは、まずカウンセリングからです。身長・体重・寝姿勢・睡眠上でお困りのことなど、現状使用しているマットレス、現状の寝具の問題点や改善したい点をお聞かせ下さい。

WEB快眠カウンセリングをご利用ください。

無料で寝具選びのための快眠カウンセリングを行います。クリックしてください。

それ以外の快眠寝具の相談は info3@sleep-natura.jp

その上で、何種類かの提案をさせていただき、実際に試し寝でフィッティングを行うことでマットレス選びを進めていきます。これがベストです。

快適な眠りを得るために、さわだができること 「この枕を使ったら必ず快眠できる」というようなことは、ありえません。また、身体を計って作るからあなたにとってジャストフィットです、というのも考え方は悪くないのですが、実際には目安程度にしかな...

遠方でフィッティングが難しい場合

この場合は、カウンセリングメールのやりとりを何回も行いながら、最適のものを絞っていきます。この場合でも睡眠改善度は95%を超えますので、ご安心下さい。

快眠カウンセリング専門店「夢匠庵」をオープンしました

じっくりとマットレスなどの寝具を選びたいという方に、1日2組限定でカウンセリング・フィッティングをする、新しいコンセプトの寝具店をオープンいたしました。他のお客様とご一緒することがなく、駐車場からすぐアクセスできますので、コロナウィルスのリスクを限りなく減らしています。

観光客でにぎわう滋賀県長浜市の中心市街地、北国街道の黒壁ガラス館の近くにあります。

眠りのプロショップSawadaの快眠カウンセリング専門店

環境のことも考えてマットレスを選ぼう

サスティナブル-長く使えるものを

どんなマットレスでも長く使っているとへたりがでたりして、最初の性能が低下していくことは避けられません。そこで、できるだけ長く性能を維持できるようなマットレスを選んでいただくことをおすすめします。

後で硬さの調節が可能なウッドスプリングの組み合わせは、同時に体重をマットレスとウッドスプリングの両方に分散されるため、単独のマットレスより性能が長持ちします。あるいは,ハニカムシートを使って、弾力性を回復させるなどさまざまな調整方法があります。

サスティナブル-廃棄時に環境にやさしいものを

ウッドスプリングやラテックスマットレスは最終的に土に還る生分解性があります。金属コイルやポリエステルなどの合成繊維は廃棄時の環境負荷が高くなります。これからの時代は、天然素材中心で選ぶのがおすすめです。

店主がおすすめするベストバイ・マットレス

わかりやすいベストセレクション

質の高い睡眠が得られるだけでなく、メタルフリーで、できるだけ長く使うことを考えた、眠りのプロショップSawada店主の沢田がおすすめする、予算面からのベストマットレス。ご購入の際は快眠カウンセリングを受けてください。

一般的なおすすめ組合せの一例

ほとんどの方は、おそらくこの中に答えを見出すことができると思います。

まず、快眠のためのベッド用マットレスに必要な機能を理解しましょう ベッドはマットレスが命 フレームは後回し 多くの場合、ベッドはインテリア・家具として紹介されることが多く、ヘッドボードなどのデザインが優先されてきました。...
極上のベッド用マットレスを極める1からお読みください おすすめ その3 VitalWood 天然素材100%しっかり寝心地マットレス VitalWood オーガニック2マットレス 木から生まれたスプリングを使ったユニ...